動脈硬化は、起こる動脈や起こり方によって3つのタイプに分けられる。大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太い動脈に脂肪などがたまって血管の内腔が狭くなるのが「アテローム(粥状)硬化」。老化や高血圧、高血糖などの影響で傷ついた動脈の内膜にLDLコレステロールが入り込んで酸化し、それを異物とみなす免疫細胞が集まり、やがてドロドロしたかゆ状のかたまり(アテローム)をつくる。これが次第に盛り上がって動脈の内腔が狭くなり、血流を悪くする。さらにアテロームを覆っている膜が破れると血栓(血液のかたまり)ができ、これが血管を詰まらせると心筋梗塞や脳梗塞を起こす。