お尻の側面にある筋肉で、大殿筋の奥にあって骨盤の上辺から大腿骨のつけ根をつないでいる。骨盤が下がらないように支え、下半身のバランスを保つとともに、股関節を外転させる(脚を外側に上げる)働きなどをする。長時間座っていると中殿筋が凝って硬くなり、腰痛を起こしやすい。また、坐骨が外側に開いてお尻が横に広がりやすいなど、見た目にも影響を及ぼすことがある。横向きに寝て上側の脚を伸ばしたまま上げるトレーニングなどで鍛えることができる。