肝臓内に脂肪(主に中性脂肪)が過剰に蓄積された状態。肝細胞の30%以上に脂肪の沈着が認められる場合をいう。お酒の飲みすぎが原因のアルコール性脂肪肝と、お酒を飲まない人に起こる非アルコール性脂肪肝に大別される。後者は肥満や食べすぎ、糖尿病などが原因となり、最近増えている。そのうち慢性的な炎症を伴う非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は、肝硬変や肝臓がんへと移行することもある。治療は、バランスのとれた食事と適度の運動を基本に、中性脂肪と体重を減らしていく。