とうがらしや赤ピーマン、赤いパプリカなどに含まれる赤色の色素成分。強い抗酸化作用をもち、がん予防や老化予防、アンチエイジングなどに効果が期待される。また、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増加させる働きがあり、動脈硬化の予防効果も期待されている。熱に強く、加熱調理しても成分は変化しない。また、脂肪分と一緒にとると吸収力がアップする。