心臓は一定のリズムで収縮と拡張(拍動)をくり返し、全身に血液を循環させている。何らかの原因でこの拍動のリズムが乱れた状態を不整脈といい、異常に速くなる頻脈、遅くなる除脈、不規則になる期外収縮の3種類に大きく分けられる。症状は動悸(どうき)や脈が飛ぶ感じ、胸の痛み、倦怠(けんたい)感、めまい、失神など。不整脈の多くは治療の必要はないが、脳梗塞や心不全、突然死などをひき起こす危険な不整脈もあるため、心電図検査などを受けて治療の要・不要を見極めることが重要。