不整脈のうち、脈拍が異常に速くなる頻脈の一つ。心臓の上部にある心房が細かくけいれんするように震え、十分収縮できなくなった状態。心房内の血流が悪くなって血栓(血のかたまり)ができやすくなり、血栓が脳の血管に運ばれると重い脳梗塞を引き起こす恐れがある。そのため、抗不整脈薬とともに抗血栓薬が用いられる。心臓病や高血圧がある人に起こりやすいが、基礎疾患がなくても、加齢とともに増加する。強い動悸(どうき)や胸の違和感を感じることもあるが、自覚症状がなく気がつかない人も多い。