ホルモンをつくり分泌する内分泌腺の一つ。左右の腎臓の上にある1個4〜5g程度の小さな臓器で、外側の皮質と、中心部の髄質から成る。皮質からはコルチゾール、アルドステロン、髄質からはアドレナリン、ノルアドレナリンなど生命維持に欠かせないホルモンを分泌している。副腎皮質ホルモンであるコルチゾールは、ストレスを受けたとき血液中に増えるためストレスホルモンとも呼ばれ、血圧や血糖を調整するなどの働きがある。コルチゾールが多すぎると顔のむくみや体重増加、高血圧、高血糖、骨粗しょう症などが、少なすぎると体重減少、低血圧、低血糖、脱力感などの症状がみられる。