歯を支える歯周組織の一つ。歯根の表面のセメント質をぐるりと囲む繊維性の結合組織で、歯周靭帯(じんたい)とも呼ばれる。歯が簡単に抜けないのは、歯根膜が歯根と歯槽骨をしっかりつないでいるため。歯根膜はものを噛んだときの衝撃を吸収するクッションの役割を果たし、歯槽骨や周りの歯を保護している。また歯根膜には神経が通っていて、歯ごたえや歯ざわりを感じて脳に伝え、硬いものは強く、軟らかいものは弱く噛めるようになっている。