カルシウムの吸収を助けるビタミンDの欠乏により、骨の異常や成長不全が起こること。小児ではO脚や成長障害を起こす「くる病」、成人では「骨軟化症」などを発症する。ビタミンDは食事から摂取する以外にも、紫外線が皮膚に当たることで合成されるため、欠乏症を生じることは少ない。しかし最近は極端に日光を避けることによる乳幼児のビタミンD欠乏症が増えている。特に完全母乳栄養や食物アレルギーによる食事制限などでビタミンDの摂取が不足し、さらに日光不足が重なると、欠乏症のリスクが高まる。