鶏や牛、ペット、野生動物などの腸管内などに棲みついている細菌。日本では、細菌による食中毒ではカンピロバクターによるものが最も多い。生または加熱が不十分な鶏肉料理が原因となることが多く、牛レバー、豚レバーの生食なども危険。少量の菌でも食中毒を起こすが、熱や乾燥に弱いため、肉料理は中心部まで十分に火を通すこと(中心部の温度が75度以上で1分間以上)が大切。また、生肉を触ったら石けんで手を洗い、調理器具も洗浄・殺菌を行うことが、二次感染を防ぐ。