ガンマ・グルタミール・トランスペプチダーゼの略。たんぱく質を分解する酵素で、肝臓や腎臓、膵臓などに含まれる。胆石やがんなどで胆管が詰まって胆汁の流れが悪くなると血液中の濃度が上昇することがあるが、多くは脂肪肝やアルコールの飲みすぎで上昇する。アルコールに関係する酵素として有名だが、ほとんど飲酒をしない人でも過体重に伴う脂肪肝でしばしば上昇が見られる。ALTやASTとともに健康診断で肝機能の異常を見つけるスクリーニングテストとして使用されている。