「日光アレルギー」とも呼ばれ、通常は問題にならない量の日光で炎症を起こす病気。日光を浴びた皮膚が赤くなったり、湿疹や水ぶくれ、かゆみなどを生じる。原因は遺伝や代謝異常、アレルギーなどさまざまだが、薬剤によるものが最も多い。薬剤性には、塗り薬や貼り薬などを使用した部分にできるものと、内服薬を服用したあと日光を浴びた皮膚にできるものがある。過敏症が疑われたらなるべく日光を避け、早めに皮膚科を受診して原因を特定し、原因となる薬の使用を中止する。ガラス越しでも紫外線は通過するので注意し、外出時は日焼け対策を徹底する。