マイカサールの効能・用量・副作用など

マイカサールの基本情報

マイカサールカプセル250mg

マイカサールカプセル250mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


メフェナム酸の作用は,ジクロフェナクナトリウムジクロフェナクナトリウムとほぼ同じです。日本でよく用いられる鎮痛剤の一つです。小児のインフルエンザに伴う発熱に対しては,原則として投与しないことになっています。
この薬剤はアメリカで合成された薬ですが,アメリカでの評判はよくありません。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 解熱鎮痛薬>メフェナム酸>メフェナム酸
形状 カプセル剤
製造販売会社 東和
保険薬価 カプセル剤250mg 1カプセル 5.40円
同じ分類の薬 先発薬: ポンタール  オパイリン    ジェネリック薬: ノイリトール 

マイカサールの効果・効能

急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛
[メフェナム酸のみの適応症]手術後・外傷後の炎症・腫脹の緩解/以下の疾患の消炎・解熱・鎮痛→変形性関節症,腰痛症,症候性神経痛,頭痛(他剤が無効な場合),副鼻腔炎,月経痛,分娩後疼痛,歯痛
[フルフェナム酸アルミニウムのみの適応症]以下の疾患の消炎・解熱・鎮痛→関節リウマチ,変形性関節症,変形性脊椎症,腰痛症,肩胛関節周囲炎,関節炎,症候性神経痛/以下の疾患の消炎・鎮痛→抜歯後,歯髄炎,歯根膜炎/以下の炎症性疾患の消炎→膀胱炎,前立腺炎,帯状疱疹,湿疹・皮膚炎,紅斑症,各科領域の手術後ならびに外傷後の炎症性反応

マイカサールの用法・用量

初回500mg,以後6時間ごとに1回250mg。シロップは小児1回0.2mL/kg(体重)を1日2回まで。急性上気道炎の場合,1回500mgを原則1日2回,1日最大1,500mg。

マイカサールの使用上の注意と副作用

基本的注意

*メフェナム酸(ポンタール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……消化性潰瘍/重い血液異常・肝機能障害・腎機能障害・心機能不全・高血圧症/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/アスピリンぜんそく,またはその前歴/本剤による下痢の前歴/妊娠末期
(2)慎重に服用すべき場合……消化性潰瘍の前歴/血液異常またはその前歴,出血傾向/肝機能障害・腎機能障害またはその前歴/心機能異常/アレルギーの前歴/気管支ぜんそく/SLE(全身性エリテマトーデス)/高血圧症/潰瘍性大腸炎/クローン病/食道通過障害/小児,高齢者
(3)事前に報告……本剤の服用によって,ビリルビンの検査で偽陽性を示すことがあります。検査を受けるときはその旨を伝えてください。
(4)アメリカの場合……1週間以上の継続服用は行うべきでないとされ,また14歳以下の小児の安全性は確立していません。
(5)小児……原則として,インフルエンザに伴う発熱には服用しないようにしてください。
(6)女性……非ステロイド系解熱鎮痛薬を長期服用している女性に,一時的な不妊が認められたとの報告があります。
(7)過度の体温低下など……過度の体温低下,虚脱,四肢の冷却などがおこることがあります。特に高熱を伴う幼小児や高齢者,消耗性疾患の人は十分な注意が必要です。
(8)長期服用……慢性疾患(関節リウマチ,変形性関節症など)の人が長期服用する場合は定期的に尿や血液,肝機能などの検査を受ける必要があります。
(9)服用法……本剤が食道にとどこおると食道潰瘍がおこることがあるので,多めの水(150mL以上)で服用してください。特に就寝前は,のんですぐに横にならないようにしてください。
(10)脳炎・脳症……インフルエンザの経過中に脳炎・脳症を発症した人(おもに小児)のうち,本剤の服用者に予後不良例が多いとの報告があります。
(11)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(12)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。妊娠末期は服用しない。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(胸内苦悶,冷汗,呼吸困難,四肢しびれ感,低血圧,結膜充血など)。(2)自己免疫性溶血性貧血,無顆粒球症,顆粒球減少。(3)骨髄形成不全。(4)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(5)急性腎不全,ネフローゼ症候群,間質性腎炎。(6)消化管出血(消化性潰瘍,大腸炎,吐血,下血,血便など)。(7)劇症肝炎,肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

マイカサール - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

マイカサールに効果効能が似た薬

マイカサールが気になる人向けのコラム

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む

韓国で見た『韓方(ハンバン)』の世界 ~韓方医学(韓方)って何?~

初めまして。これからこのサイトで、韓国の健康&美容、医療事情をご紹介することになりました旅行ライターの木谷朋子です。韓国の取材をするようになって早12年になります。 取材中に知った韓国の伝統医療「韓方医学=韓方(ハンバン)」のこと、韓国政... 続きを読む

バレリアン

「 最近、よく眠れない…」と感じたことありませんか?
でも、睡眠薬はちょっとイヤ、そんな時には、バレリアンというハーブがおすすめです。 「 バレリアンは、古代ギリシャ・ローマ時代から重宝されてきた薬草。名前の由来は、ラテン語で“健康になる”... 続きを読む

家庭医が綴る福島からのメッセージ 2-避難所での医療の混乱

今回の大震災では、地震、津波の被害が沿岸部を中心に広範囲に及んだことや原発事故の発生により、さまざまな背景をもった多くの方々が避難を余儀なくされました。特に原子力災害という特殊な事情により、地震そのものでは無傷であったのにもかかわらず、原... 続きを読む

美肌効果のある温泉の成分って何? 美人の湯のはどんなお湯?

暑くも寒くもなく、すごしやすい季節になりました。お天気も落ち着いて、週末は小旅行でもという人もいるでしょう。山あいの温泉ならちょうど紅葉も見ごろ。紅葉狩りを兼ねて、温泉旅行はいかがでしょうか。うれしいことに、山あいの温泉には「美人の湯」が... 続きを読む