リマチルの効能・用量・副作用など

リマチルの基本情報

リマチル錠50mg

リマチル錠50mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


本剤は,「朝のこわばりの持続時間」「赤沈値」「握力」「疼痛関節数」「腫脹関節数」などの改善や,リウマトイド因子,CRP,免疫グロブリンなどを正常化するといわれています。消炎鎮痛薬などで十分な効果が得られない場合にのみ使用することとなっています。
また,この薬は効果の発現が遅いとされているので,効果の現れるまでに痛みが悪化するときは,ためらわずに処方医と相談してください。副作用でも,特にのどの痛み,発熱,紫斑が現れた場合は,直ちに処方医に連絡する必要がありますし,腎機能,肝機能検査などもきちんと受けることが大切です。
リウマチの治療は,薬物のみにたよることなく,運動療法などについても処方医と十分に話し合ってください。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 リウマチ・痛風の薬>ブシラミン>ブシラミン
形状 錠剤
製造販売会社 参天
保険薬価 錠剤50mg 1錠 40.50円
錠剤100mg 1錠 67.90円
同じ分類の薬 ジェネリック薬: レマルク  ブシラミン  ブシラント 

リマチルの効果・効能

関節リウマチ

リマチルの用法・用量

1回100mgを1日3回。

リマチルの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ブシラミン(リマチル)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/血液障害,骨髄機能の低下している人/腎機能障害
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……手術直後/全身状態の悪化している人
(3)慎重に服用すべき場合……血液障害・腎機能障害の前歴/肝機能障害
(4)効果の発現……本剤は遅効性なので,効果がみられるまでは従来から服用している消炎鎮痛剤などは続けて併用するようにします。ただし,本剤を6カ月間継続服用しても効果がみられない場合は中止することになります。
(5)定期検査……毎月1回および医師が必要と判断したときに血液や尿などの検査を受ける必要があります。
(6)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)重症筋無力症,筋力低下,多発性筋炎。(2)間質性肺炎,好酸球性肺炎,肺線維症,胸膜炎(胸水貯留)。(3)再生不良性貧血,赤芽球癆,汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少。(4)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),天疱瘡(てんぽうそう)様症状,紅皮症型薬疹。(5)急性腎不全,ネフローゼ症候群(膜性腎症など)。(6)肝機能障害,黄疸。(7)過敏性血管炎。(8)ショック,アナフィラキシー様症状(紅斑,発疹,嘔吐,呼吸困難,血圧低下など)
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

リマチルに効果効能が似た薬

リマチルが気になる人向けのコラム

空腹でないのに何か食べたくなる ニセ食欲を撃退する3つのコツ

空腹でないのにお腹がすくニセ食欲は、“お疲れ脳”のせい?!空腹とは関係なくお腹がすいたり、口さびしいのは自律神経やホルモンバランスの乱れが影響。撃退法を紹介します。 食事の時間や量に関係なくお腹がすくのはなぜ? 旬の果物に脂ののった... 続きを読む

基礎代謝が上がるダンベルダイエット

ダンベル
ダイエットの基本と言えば、運動でのエネルギーの消費です。
一生懸命運動しているけれど、いまいち痩せたという実感が持てない方は、もしかしたら基礎代謝が低いのかもしれません。
基礎代謝は人間の根本的な活動に関わっていて、何もし... 続きを読む

歯が痛い!そんな時に役立つ応急処置

歯痛の原因とは
急に歯が痛いと感じることがありますが、その原因は様々です。虫歯が進行して、神経まで達している場合や、知覚過敏、歯周病、歯がヒビが入ったり割れたりしているもの、親知らず、など、歯の異常による痛みの場合があります。

... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

衝撃 アザで発覚する白血病の恐怖

そもそも白血病とは

血液のがんの一つ。かつては不治の病と言われたが、治療法の進歩によりタイプによっては完治が期待できるようになった。血液中の赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる細胞を造血幹細胞と言う。造血幹細胞は一定の決... 続きを読む