アクタリットの効能・用量・副作用など

アクタリットの基本情報

抗リウマチ薬(DMARD)は,ブシラミンを除いて世界各国で使用されていますが,この項の薬剤は日本でのみ承認されているものです。
2012年に発売されたイグラチモドは,化学構造上,既存の抗リウマチ薬に類似性をみないクロモン骨格を有する新しいタイプの抗リウマチ薬です。現在,最も多く使用されているメトトレキサートメトトレキサートの単独使用で効果不十分の人が,本剤と併用すると有意な改善を示すことが確認されています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 リウマチ・痛風の薬>その他のディーマード(DMARD)製剤>アクタリット
形状 錠剤
製造販売会社 辰巳=日本ジェネリック
保険薬価 錠剤100mg 1錠 34.10円
同じ分類の薬 先発薬: カルフェニール  オークル  モーバー  ケアラム    ジェネリック薬: アクタリット 

アクタリットの効果・効能

関節リウマチ

アクタリットの用法・用量

(他の消炎鎮痛薬と共に)1回100mg(1錠)を1日3回。

アクタリットの使用上の注意と副作用

警告

[イグラチモド]海外の臨床試験において,1日125mgを服用した症例で致命的な転帰に至った汎血球減少症が認められています。本剤は緊急時に十分な措置が可能な医療施設で,本剤についての十分な知識とリウマチ治療の経験をもつ医師のもと,治療を受けなければなりません。

基本的注意

*ロベンザリット2ナトリウム(カルフェニール),アクタリット(オークル),イグラチモド(ケアラム,コルベット)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……妊婦または妊娠している可能性のある人
[ロベンザリット2ナトリウムのみ]重い腎機能障害
[アクタリットのみ]授乳婦
[イグラチモドのみ]本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い肝機能障害/消化性潰瘍/ワルファリンカリウムワルファリンカリウムの服用中
(2)慎重に服用すべき場合……腎機能障害・消化性潰瘍またはその前歴/肝機能障害
[イグラチモドのみ]肝機能障害の前歴/貧血・白血球減少症・血小板減少症を伴う人,骨髄機能が低下している人/低体重の人,授乳婦
(3)定期検査……服用中は,定期的に腎機能や肝機能,血液などの検査を受ける必要があります。
(4)その他……
・授乳婦での安全性:[ロベンザリット2ナトリウム,イグラチモド]服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[アクタリットのみ](1)ネフローゼ症候群。(2)再生不良性貧血,汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少。(3)出血性大腸炎。
[ロベンザリット2 ナトリウムのみ](4)急性腎不全,間質性腎炎,腎性尿崩症。
[イグラチモドのみ](5)感染症(敗血症,膿胸など)。(6)汎血球減少症,白血球減少。
[アクタリット,イグラチモドのみ](7)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(8)肝機能障害。(9)消化性潰瘍。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アクタリットに効果効能が似た薬

アクタリットが気になる人向けのコラム

生活習慣病の予防や改善には、体内時計を整えることが重要 その理由は?

あらゆる細胞に存在しているという「時計遺伝子」のはたらきとは?
体内時計の乱れは生活習慣病の原因になり、老化も促進されてしまいます。時計遺伝子のリズムに合わせて暮らすことが生活習慣病の予防になるといわれています。 自律神経もホルモンも... 続きを読む

5という数字にこだわるファイブファクター

ファイブファクター
ファイブファクターダイエットはその名の通り、5という数にこだわったダイエット方法です。ハリウッドのセレブ達のトレーナーが考案したということで、セレブ達の間で広まっているダイエットです。
内容は、1日5回の食事をとる... 続きを読む

ムリ無く続けられる歩数計ダイエット

歩数計
ダイエットするには20分以上の有酸素運動を行うと余分な脂肪が燃焼しやすくなると言われています。
有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳など汗ばむ程度の運動をすると行えます。
しかし辛くなって挫折してしまう事が多いです。 ... 続きを読む

ゆで卵ダイエットはひたすら食べることに

ゆで卵
ゆで卵ダイエットは、その名前の通りゆで卵を毎日食べ続けることになります。これ以外の食事を取ることが出来ないため、短期間のダイエットに限られることが多いです。基本的に朝昼晩全ての食事をゆで卵に変えて、食べられる限界まで続けること... 続きを読む

話題のスーパーフードを試してみた2【もっと知りたい!機能性表示食品】

街で話題の“食品の健康効果”。本記事レポーターと編集部員の計60人が今、最も気になる食品6種類を、2週間ガチで試しました! ■ブルーベリー ブルーベリーが目にいいというのはよく知られている話。その有効成分といわれているのがアントシア... 続きを読む