ケトブンの効能・用量・副作用など

ケトブンの基本情報

他の痛風治療薬と違って,この項の薬剤は体内で尿酸が合成されるのを阻害して,高尿酸血症になるのを防ぎます。尿酸排泄薬のプロベネシドプロベネシドやベンズブロマロンベンズブロマロンと同様に,急性痛風発作がおさまるまでは使用してはいけません。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 リウマチ・痛風の薬>尿酸合成阻害薬(キサンチンオキシダーゼ阻害薬)>アロプリノール
形状 錠剤
製造販売会社 イセイ
保険薬価 錠剤50mg 1錠 6.00円
錠剤100mg 1錠 7.70円
同じ分類の薬 先発薬: ザイロリック    ジェネリック薬: アロシトール  サロベール  リボール  アノプロリン 

ケトブンの効果・効能

[アロプリノール]痛風,高尿酸血症を伴う高血圧症における高尿酸血症の是正
[フェブキソスタット,トピロキソスタット]痛風,高尿酸血症

ケトブンの用法・用量

1日200~300mgを2~3回に分けて服用。

ケトブンの使用上の注意と副作用

基本的注意

*アロプリノール(ザイロリック)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……肝疾患またはその前歴/腎機能障害/6-メルカプトプリン水和物・アザチオプリン・ペントスタチンの服用中/高齢者
(3)服用法……(1)本剤は,急性痛風発作がおさまってから服用を始めます。服用初期に,尿酸の移動により痛風発作が一時的に強くなることがあります。(2)服用中は水分を多めにとり,1日の尿量が2L以上になるようにしてください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[アロプリノール](1)ショック,アナフィラキシー様症状(顔面蒼白,四肢冷感,血圧低下,チアノーゼ,呼吸困難など)。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),剥脱(はくだつ)性皮膚炎,過敏症症候群,過敏性血管炎。(3)再生不良性貧血,無顆粒球症,汎血球減少,血小板減少。(4)腎不全,腎不全の悪化,間質性腎炎を含む腎機能障害。(5)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(6)重い肝機能障害(劇症肝炎など),黄疸。(7)横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感,手足に力が入らない,尿が赤褐色になるなど)。
[フェブキソスタット](1)肝機能障害。(2)過敏症(全身性皮疹,発疹など)。
[トピロキソスタット](1)肝機能障害。(2)多形紅斑。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ケトブン - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

ケトブンが気になる人向けのコラム

30歳以降の男性の30%は高尿酸血症‐痛風の症状や新薬治療

定期健診や人間ドックなどの血液検査のなかに、「尿酸値」という項目があるのをご存じですか。血液中に溶け出している尿酸という物質の量をみるものですが、男女とも血清1dl中に7mgを超える量が検出されると「高尿酸血症」と診断されます。日本では3... 続きを読む

生活習慣病、痛風・高尿酸血症‐健康的な生活とは?

ある日突然、足の親指のつけ根の関節がギリギリと激しく痛み出し、赤く腫(は)れて歩けなくなるほどの痛みです。この症状が「風に吹かれても痛い」と形容される痛風です。かつては、美食を楽しめる富裕層に多いことから“ぜいたく病”などと言われたことも... 続きを読む

アンセリン

“痛風”といえば、中高年の男性の病気というイメージ。しかし、近年は低年齢化して、からこと読者のパートナーにあたる、30代の男性に急増中です。全国で痛風に悩まされている人は、予備軍を含めて900万人。なんと、成人男性の4人に1人の割合です。あ... 続きを読む

死亡リスクの高い糖尿病・肥満・痛風-検診データを活用して予防

糖尿病は、血液中のブドウ糖を低下させるホルモン、インスリンの不足によって、血液中のブドウ糖濃度=「血糖値」が高くなった状態です。血液中のブドウ糖は、食事をすると一時的に増えるものの2~3時間ほどでまた元に戻ります。血液検査では、(1)随時... 続きを読む

尿酸値を気にしない!プリン体の摂りすぎを防ぐ方法

暑くなるこれからは、ビールが美味しい季節です。人気のビアホールに加えて、最近はビールフェスタが増えてきて、ビールを飲む機会も多くなっていますよね。とはいえ、ビールに含まれるプリン体が気になる人が多いようで、ビール各社が「プリン体ゼロ」商... 続きを読む