ゼルヤンツの効能・用量・副作用など

ゼルヤンツの基本情報

本剤は,関節リウマチに伴う炎症に重要な役割を果たす細胞内のシグナル伝達経路であるJAK(ヤヌスキナーゼ) Pathwayを阻害する薬剤です。過去の治療において,メトトレキサートメトトレキサートをはじめとする少なくとも1剤の抗リウマチ薬(DMARD)などによる適切な治療を行っても,症状が十分に改善されない場合に使用されます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 リウマチ・痛風の薬>トファシチニブ>トファシチニブクエン酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 ファイザー=武田
保険薬価 錠剤5mg 1錠 2,611.50円

ゼルヤンツの効果・効能

既存治療で効果不十分な関節リウマチ

ゼルヤンツの用法・用量

1回5mg(1錠)を1日2回服用。

ゼルヤンツの使用上の注意と副作用

警告

(1)本剤は関節リウマチを完治させる薬剤ではありません。服用により結核,肺炎,敗血症,ウイルス・真菌感染などによる重い感染症の新たな発現もしくは悪化などが報告されており,悪性腫瘍の発現も報告されています。これらのことを十分に話し合い納得したうえで,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用されるべき薬剤です。また,本剤の服用により重い副作用が発現し,致命的な経過をたどることがあるので,緊急時の対応が十分可能な医療施設および医師によって処方され,服用後に副作用が発現した場合にはすぐに主治医に連絡しなければなりません。
(2)敗血症,肺炎,真菌感染症を含む日和見感染症などの致死的な感染症が報告されているため,十分な観察を行うなど感染症の発症に注意する必要があります。また,結核の既感染者では症状の顕在化および悪化のおそれがあるため,本剤の服用に先立って,胸部レントゲン,ツベルクリン反応,胸部CT,インターフェロンγ応答測定(クォンティフェロン)などの検査を行って,結核感染の有無を確認する必要があります。結核の既往歴のある人・結核の感染が疑われる人は,結核などの感染症について診療経験のある医師との連携のもと,原則として本剤の服用開始前に適切な抗結核薬を服用することが必要です。
(3)関節リウマチの人は,本剤による治療を行う前に,少なくとも1剤の抗リウマチ薬などの使用を十分に勘案し,また,本剤についての十分な知識とリウマチ治療の経験をもつ医師が処方しなければなりません。

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い感染症(敗血症など)/活動性結核/重い肝機能障害/好中球数が500/mm³未満の人/リンパ球数が500/mm³未満の人/ヘモグロビン値が8g/dL未満の人/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……感染症または感染症が疑われる人/結核の既感染者/感染症にかかりやすい状態にある人/腸管憩室/好中球・リンパ球・ヘモグロビン値減少のある人/軽度または中等度の肝機能障害/腎機能障害/間質性肺炎の前歴/高齢者
(3)服用量……本剤は通常,1回5mg(1錠)を1日2回服用しますが,中等度・重度の腎機能障害,中等度の肝機能障害がある人は副作用が強く現れるおそれがあるので,1日1回5mg(1錠)に減らして服用します。重度の肝機能障害がある人は服用してはいけません。
(4)生ワクチン……本剤を服用すると重い感染症がおこりやすくなるため,服用中は生ワクチンの接種を行ってはいけません。
(5)過量服用……本剤に対する解毒薬はないので,必ず指示された量を守って服用してください。過量に服用すると副作用が現れやすくなります。
(6)飲食物……グレープフルーツは本剤の作用を強め,セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品は本剤の作用を弱めるおそれがあるので,本剤と一緒にこれらを摂取しないようにしてください。
(7)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)帯状疱疹,肺炎(ニューモシスティス肺炎などを含む),敗血症,結核などの重い感染症。(2)消化管穿孔(せんこう)。(3)好中球減少,リンパ球減少,ヘモグロビン減少。(4)肝機能障害,黄疸。(5)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ゼルヤンツ - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

ゼルヤンツに効果効能が似た薬

ゼルヤンツが気になる人向けのコラム

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

一日一食ダイエットの効果とは?

一日一食
短期間で簡単に痩せようと思うと、運動だけでは難しくなりますが、一日一食ダイエットなら、簡単に痩せることが出来ます。
一日一食ダイエットのやり方は、とっても簡単。朝、昼は出来るだけ食事をしないか、軽くとるにとどめて、夜に好きな... 続きを読む

経路ダイエットとは一体どんなダイエット?

経路
経路ダイエットとはあまり聞きなれないダイエット法ですが、一体どういったダイエット法なのでしょうか。
東洋医学では人間の細胞のDNAの中に、その人の本来の姿についての情報が書かれてあって、経路の上を気がスムーズに流れて脳が正常に動... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む