エペリゾン塩酸塩の効能・用量・副作用など

エペリゾン塩酸塩の基本情報

構造的には骨格筋弛緩薬の一つで,プリジノールメシル酸塩プリジノールメシル酸塩に近いものです。作用は中枢性と考えられています。
英米では,プリジノールメシル酸塩も本剤も使われていません。効果についての再評価が必要な薬と思われます。類似薬にエペリゾン塩酸塩があります。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 肩こり・筋肉痛・腰痛の薬>トルペリゾン塩酸塩>エペリゾン塩酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 小林化工
保険薬価 錠剤50mg 1錠 5.60円
同じ分類の薬 先発薬: ムスカルム  ミオナール    ジェネリック薬: ニチペリゾン  ベスノリン  アチネス 

エペリゾン塩酸塩の効果・効能

スモン,痙性脊髄麻痺,筋萎縮性側索硬化症,脊髄小脳変性症,頸部脊髄症,外傷後遺症(脊髄損傷,頭部外傷),術後後遺症による痙性麻痺/頸肩腕症候群,腰痛症による筋緊張状態の改善
[トルペリゾン塩酸塩のみの適応症]脳卒中後遺症,脳性麻痺,多発性硬化症,後縦靱帯(じんたい)骨化症による痙性麻痺/変形性脊椎症による筋緊張状態の改善
[エペリゾン塩酸塩のみの適応症]脳血管障害,脳性小児麻痺,脊髄血管障害,その他の脳脊髄疾患による痙性麻痺/肩関節周囲炎による筋緊張状態の改善

エペリゾン塩酸塩の用法・用量

1日150mg(顆粒剤は1.5g)を3回に分けて服用。

エペリゾン塩酸塩の使用上の注意と副作用

基本的注意

*トルペリゾン塩酸塩(ムスカルム),エペリゾン塩酸塩(ミオナール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……薬物過敏症の前歴/肝機能障害
(3)危険作業は中止……脱力感,眠け,ふらつきなどが現れることがあるので,服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:[エペリゾン塩酸塩]未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(発赤,かゆみ,じん麻疹,顔面などのむくみ,呼吸困難など)。
(2)[トルペリゾン塩酸塩]胸内苦悶,呼吸障害。
(3)[エペリゾン塩酸塩]皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

エペリゾン塩酸塩に効果効能が似た薬

エペリゾン塩酸塩が気になる人向けのコラム

介護状態になるといくらかかる?

毎月4万円弱のケース
とある御夫婦のケースでは、在宅介護の初期費用(自宅を会議用に改装する費用)として約2万円かかり、在宅サービスの利用料として毎月の自己負担が4万円弱掛かるようになります。介護保険の規定する自己負担の1割だけでも自己負... 続きを読む

この症状、もしかしたら脳卒中?まずは正しい知識を身につけて

脳卒中が大部分を占める脳血管疾患の患者数は、約134万人(厚生労働省2008年患者調査)。がん、心疾患に次いで、日本人の死因の第3位を占め、年間約12.8万人(厚生労働省2008年人口動態統計)が亡くなっています。高齢者のますますの増加、... 続きを読む

脳卒中の危険因子とは-突然の発症、若くても油断禁物!

脳卒中(脳血管障害)は、1980年までは日本人の死因の第1位を占めていました。その後、がんや心臓病で亡くなる人がより多くなり、現在は死因の第3位となっています。といっても、脳卒中をおこす人が減少したわけではありません。治療の進歩などにより... 続きを読む

若い女性に増えてきた多発性硬化症とは-正しい診断と治療法

多発性硬化症(MS:Multiple
Sclerosis)という病気をご存じでしょうか。原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼし、しだいに症状が進行する慢性の病気です。
20歳から40歳ごろの若い世代... 続きを読む

あなたの爪は健康ですか? われやすい・もろい爪はSOSのサイン

昔から「爪は健康のバロメーター」といわれてきました。それは、なぜなのでしょう。
爪は皮膚の角質層が変化したもので、ケラチンというタンパク質でできています。爪の色は血液の状態を反映し、健康な爪は薄いピンク色で、表面も触るとなめらかです。 ... 続きを読む