ボナロンの効能・用量・副作用など

ボナロンの基本情報

ボナロン錠5mg

ボナロン錠5mg

ボナロン錠35mg

ボナロン錠35mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


骨の無機質表面でのハイドロキシアパタイト結晶の形成・溶解を抑制する作用と,破骨細胞の抑制作用を有しているといわれています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 骨粗鬆症の薬>ビスホスフォネート製剤>アレンドロン酸ナトリウム水和物
形状 錠剤
製造販売会社 帝人
保険薬価 錠剤5mg 1錠 100.90円
錠剤35mg 1錠 646.50円
同じ分類の薬 先発薬: ダイドロネル  フォサマック  アクトネル  ベネット  ボノテオ   

ボナロンの効果・効能

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)
[エチドロン酸2ナトリウムのみの適応症]脊髄損傷後,股関節形成術後における初期および進行期の異所性骨化の抑制
[エチドロン酸2ナトリウム,リセドロン酸ナトリウム水和物のみの適応症]骨ページェット病

ボナロンの用法・用量

1日1回5mg,35mg錠の場合は週1回。

ボナロンの使用上の注意と副作用

基本的注意

*リセドロン酸ナトリウム水和物(アクトネル,ベネット)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……食道狭窄またはアカラシア(食道弛緩不能症)などの食道通過遅延障害/本剤の成分あるいは他のビスホスフォネート系薬剤に対するアレルギーの前歴/低カルシウム血症/服用時に立位あるいは坐位を30分以上保てない人/高度な腎機能障害/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……嚥下困難,食道・胃・十二指腸の潰瘍または食道炎などの上部消化管障害/腎機能障害
(3)栄養状態……本剤を服用しているときは,適切な栄養状態,特にカルシウムとビタミンDの適切な摂取に気をつけてください。
(4)服用法……(1)起床後,最初の飲食前に,立位または座位でコップ1杯の水(約180mL)で服用します。水以外の飲み物(牛乳など。カルシウム・マグネシウムなどの含量の特に高いミネラルウォーターを含む)や食物,他の薬剤と一緒に服用すると吸収を抑制するおそれがあるので,水のみで服用します。(2)服用するときは,口腔咽頭を刺激する可能性があるため,噛んだりなめたりしないように。(3)服用後少なくとも30分は横にならず,飲食(水を除く)や他の薬剤の服用も避けてください。
(5)過量服用……低カルシウム血症の症状(テタニー,下痢,白内障,乳頭浮腫,知能低下,行動異常など)が現れることがあります。
(6)妊娠可能……妊娠する可能性のある人は服用禁忌ですが,治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ処方されることがあります。
(7)その他……
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[すべての製剤](1)消化管障害(食道炎,食道狭窄,食道潰瘍,食道穿孔(せんこう),胃潰瘍,十二指腸潰瘍など)。(2)顎骨壊死・顎骨骨髄炎。(3)大腿骨骨折。
[エチドロン酸2ナトリウム,アレンドロン酸ナトリウム水和物,リセドロン酸ナトリウム水和物のみ](4)肝機能障害,黄疸。
[アレンドロン酸ナトリウム水和物のみ](5)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)などの重い皮膚症状。(6)低カルシウム血症(けいれん,テタニー,しびれ,失見当識など)。
[エチドロン酸2ナトリウムのみ](7)汎血球減少,無顆粒球症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ボナロン - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

ボナロンが気になる人向けのコラム

空腹でないのに何か食べたくなる ニセ食欲を撃退する3つのコツ

空腹でないのにお腹がすくニセ食欲は、“お疲れ脳”のせい?!空腹とは関係なくお腹がすいたり、口さびしいのは自律神経やホルモンバランスの乱れが影響。撃退法を紹介します。 食事の時間や量に関係なくお腹がすくのはなぜ? 旬の果物に脂ののった... 続きを読む

砂糖の摂りすぎが健康を害する、砂糖依存に注意! 5つの脱砂糖テク

甘くて美味しい砂糖が実は、とても依存性が高いと言われていることをご存知ですか? 砂糖依存になるとどんな影響が体にあるのか、また砂糖依存になる人が多いアメリカで開発された、無理なく砂糖から卒業できる5つの方法をご紹介します! 砂糖は快楽... 続きを読む

見逃さないで「妊娠超初期」のサイン

ホルモンの影響で起こる「こんな症状」

ゲスタージェン(gestagen)とは子宮内膜に着床性増殖を引き起こす物質の総称。
黄体ホルモン、ゲスターゲン、プロゲスターゲンとも呼ばれる。
代表的な物質としてプロゲステロンが知られている... 続きを読む

妊娠初期の運動はどのくらいなら大丈夫? おすすめと注意点

まだ体調が不安定な妊娠初期。無理に動く必要はありませんが、適度な運動は胎児の発育のサポートにもなります。おすすめの運動と、注意すべき点をまとめました。 妊娠初期の運動で流産の心配なし 妊娠初期は、特に6〜7週目に流産が起こりやすく、その... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む