アタラックス-Pの効能・用量・副作用など

アタラックス-Pの基本情報

アタラックス-Pカプセル25mg

アタラックス-Pカプセル25mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


ヒドロキシジンに,なぜ精神安定作用があるのかは,はっきりしていません。ベンゾジアゼピン系薬剤ベンゾジアゼピン系安定薬に比べて有利な点は,依存性が生じないことです。2種類の化合物がありますが,作用,副作用,注意事項は全く同じです。
抗ヒスタミン作用があり,じん麻疹・湿疹,アレルギー症状の場合のかゆみ止めとしてはよく効きますが,作用時間が長く,眠けに注意する必要があります。眠けには個人差があり,強く出る人からほとんど眠くならない人までいます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 精神安定薬>ヒドロキシジン>ヒドロキシジンパモ酸塩
形状 散剤
製造販売会社 ファイザー
保険薬価 散剤10% 1g 27.30円
カプセル剤25mg 1カプセル 6.60円
カプセル剤50mg 1カプセル 12.60円
シロップ剤0.5% 1mL 2.90円
ドライシロップ剤2.5% 1g 12.70円
同じ分類の薬 先発薬: アタラックス    ジェネリック薬: ヒドロキシジンパモ酸塩 

アタラックス-Pの効果・効能

じん麻疹,皮膚病に伴うかゆみ(湿疹・皮膚炎,皮膚掻痒症)/神経症における不安・緊張・抑うつ

アタラックス-Pの用法・用量

じん麻疹,皮膚病に伴うかゆみ:1日50~75mgを2~3回に分けて服用。神経症:1日75~150mgを3~4回に分けて服用。

アタラックス-Pの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ヒドロキシジン塩酸塩(アタラックス)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分,セチリジン,ピペラジン誘導体,アミノフィリン,エチレンジアミンに対するアレルギーの前歴/ポルフィリン症/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……てんかんなどのけいれん性疾患またはそれらの前歴/肝機能障害/腎機能障害/緑内障/下部尿路の閉塞性疾患/重症筋無力症/認知症/消化管運動の低下している人/不整脈をおこしやすい状態にある人/高齢者
(3)臨床検査値への影響……本剤はアレルゲン反応を抑えるので,アレルゲン皮内反応検査や気道過敏性試験を受けるときは5日前から服用しません。
(4)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠けを催すことがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械類の操作は行わないようにしてください。
(5)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(じん麻疹,胸部不快感,喉頭浮腫,呼吸困難,顔面蒼白など)。(2)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アタラックス-P - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

アタラックス-Pが気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

あの有名カップルが!? マタニティハイ妻と産後うつ夫

2014年、第一子が誕生した山田優さん。幸せいっぱいの彼女ですが、夫である小栗旬さんが「産後うつ」に悩まされ、山田さん自身も「マタニティハイ」になっていると噂されました。 「産後うつ」は、出産を終えた女性に起こる症状とされてきましたが、男... 続きを読む

GENKINGや今井翼が患った「メニエール病」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

めまいといえばメニエール病といわれるほど有名ですが、実際にはそれほど多い病気ではありません。メニエール病は内耳の病気で、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。一般に、片側の内耳の障害ですが、時には両側とも障害されることもあります。 メ... 続きを読む

女性は男性よりうつ病になりやすい-うつ病自己評価尺度でチェック

うつ病は男性よりも女性に多い病気です。女性が男性よりうつ病になりやすい原因の一つは、月経周期や妊娠・出産、閉経(更年期)による、ホルモンバランスの急激な変化による心身のストレスと考えられています。
もう一つは、就職、結婚、妊娠・出産、子... 続きを読む

感染予防に効果的なはしかの予防接種

麻疹(はしか)はどんな病気
麻疹(はしか)ウィルスによる感染症で、非常に感染力が強い病気です。よく聞く病名なので、子どもには一般的な病気と思われがちですが、乳幼児は重症化しやすく、まれに脳炎を併発して身体の麻痺や知能障害が残ったり、最悪... 続きを読む