マイスタンの効能・用量・副作用など

マイスタンの基本情報

ベンゾジアゼピン誘導体のうち,てんかんに関連する適応症があるのは,内服薬ではこのクロナゼパム,クロバザムのほかに,クロルジアゼポキシドベンゾジアゼピン系安定薬(てんかん性精神障害)とオキサゾラムベンゾジアゼピン系安定薬(てんかんおよびてんかん性行動異常)の2種類です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 けいれん・てんかんの薬>ベンゾジアゼピン系抗けいれん薬>クロバザム
形状 細粒剤
製造販売会社 大日本住友=アルフレッサ
保険薬価 細粒剤1% 1g 37.40円
錠剤5mg 1錠 25.10円
錠剤10mg 1錠 43.20円
同じ分類の薬 先発薬: ランドセン  リボトリール   

マイスタンの効果・効能

[クロナゼパムの適応症]小型(運動)発作:ミオクロニー発作,失立(無動)発作,点頭てんかん(幼児けい縮発作,BNSけいれんなど)/精神運動発作/自律神経発作
[クロバザムの適応症]他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかんの,以下の発作型における抗てんかん薬との併用→部分発作(単純部分発作,複雑部分発作,二次性全般化強直間代発作)/全般発作(強直間代発作,強直発作,非定型欠神発作,ミオクロニー発作,脱力発作)

マイスタンの用法・用量

1日10~30mgを1~3回に分けて服用。1日最大40mg。小児は処方医の指示通りに。

マイスタンの使用上の注意と副作用

基本的注意

*クロナゼパム(リボトリール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/急性狭隅角緑内障/重症筋無力症
(2)慎重に服用すべき場合……心機能障害/肝機能障害,腎機能障害/脳の器質的障害/呼吸機能の低下している人/衰弱している人,高齢者
(3)小児……低出生体重児,新生児の服用についての安全性は確立されていません。乳児・幼児が服用すると喘鳴,ときに唾液増加(よだれなど),嚥下障害をおこすことがあります。これらの症状がみられたら,すぐに処方医へ連絡してください。
(4)定期検査……連用中は,定期的に肝機能や腎機能,血液の検査を受ける必要があります。
(5)急な減量・中止……てんかんの人が本剤を連用中に服用量を急激に減らしたり中止したりすると,てんかん発作の重積状態が現れることがあります。自己判断で減量や中止をしないようにしてください。
(6)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(7)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・低出生体重児,新生児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)大量連用による薬物依存,服用量の急激な減少や服用中止による離脱症状(けいれん発作,せん妄,ふるえ,不眠,不安,幻覚,妄想など)。(2)呼吸抑制。
[クロナゼパムのみ](3)睡眠中の多呼吸発作。(4)刺激興奮,錯乱など(精神障害を合併している人)。(4)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

マイスタンに効果効能が似た薬

マイスタンが気になる人向けのコラム

今井雅之さんが会見で告白 女性の死亡数1位の大腸がんとは

俳優の今井雅之さんが末期の大腸がんであることを発表しました。予定していた舞台『THE WINDS OF GOD』は降板し、現在は抗がん剤治療を行っているとのことです。 本来、大腸がんは進行の遅いがんで、早期に見つかればほぼ治すことがで... 続きを読む

意外と身近なてんかん(癲癇)とはどんな病気

てんかん(癲癇)てどんな病気
てんかんとは、突然意識を失い痙攣を引き起こす怖い病気であると誤解されることの多いてんかん(癲癇)ですが、その症状や程度は人によりさまざまで、必ずしも痙攣や意識消失を伴うわけではありません。


現在、... 続きを読む

J・ジャクソンが50歳で妊娠! 40・50代の高齢不妊で妊娠できる確率は?

先日、米国の人気女性歌手ジャネット・ジャクソンさんが50歳で第1子を妊娠していることを公表しました。 晩婚化が進む現代では、高齢出産が増えてきていますが、妊娠・出産できる確率は、加齢とともに低くなるのは周知の事実です。40代、50代で出産し... 続きを読む

【危険な喉の痛み】こんな症状があったら即病院へ!

ウイルスや菌が原因の炎症
急に喉が痛くなり、身体のだるさや発熱などを伴う場合は、ウイルスや細菌の感染が考えられます。


急性咽頭炎は、アデノウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルス感染や、A群β溶血性連鎖球菌(ベータようけつ... 続きを読む

脂肪吸引なら部分ダイエットが可能

脂肪吸引
脂肪吸引は美容外科で行っている脂肪細胞を除去する医療行為です。
代表的な脂肪吸引の方法として、ウェットメソッドと呼ばれるものがあります。これは、脂肪細胞に薬剤を注入し、脂肪細胞をふやかして柔らかくした上で、カニューレと呼ばれ... 続きを読む