ロドピンの効能・用量・副作用など

ロドピンの基本情報

ロドピン錠50mg

ロドピン錠50mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


ゾテピンは三環系のジベンゾチエピンに属し,D₁(ドパミン1)・D₂(ドパミン2)・セロトニン2・H₁(ヒスタミン1)受容体に拮抗して効果を現します。また,オキシペルチンはインドール誘導体です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 統合失調症の薬>その他の抗精神病薬>ゾテピン
形状 細粒剤
製造販売会社 アステラス
保険薬価 細粒剤10% 1g 82.50円
細粒剤50% 1g 304.50円
錠剤25mg 1錠 22.30円
錠剤50mg 1錠 41.70円
錠剤100mg 1錠 80.00円
同じ分類の薬 先発薬: ホーリット    ジェネリック薬: セトウス  メジャピン  ロシゾピロン 

ロドピンの効果・効能

統合失調症

ロドピンの用法・用量

1日75~150mgを分けて服用。1回450mgまで増量可。

ロドピンの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ゾテピン(ロドピン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……昏睡状態,循環虚脱状態の人/バルビツール酸誘導体・麻酔薬などの中枢神経抑制薬の強い影響下にある人/アドレナリンの使用中/本剤の成分,フェノチアジン系薬剤およびその類似薬剤に対するアレルギー
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……皮質下部の脳障害(脳炎,脳腫瘍,頭部外傷後遺症など)の疑いがある人
(3)慎重に服用すべき場合……肝機能障害,血液障害/褐色細胞腫・動脈硬化症・心疾患の疑いがある人/重症ぜんそく,肺気腫,呼吸器感染症/てんかんなどのけいれん性疾患またはこれらの前歴/高温環境下にある人/脱水・栄養不良状態などを伴う身体的疲弊のある人/高齢者
(4)かくされる嘔吐……本剤には嘔吐を抑える作用があるので,薬物中毒,腸閉塞,脳腫瘍などによる嘔吐症状をかくすことがあります。
(5)突然死……服用中,原因不明の突然死が報告されています。
(6)血栓塞栓症……肺塞栓症,深部静脈血栓症などの血栓塞栓症がおこることがあります。不動状態,長期臥床,肥満,脱水状態などの危険因子を有する人は十分に注意して服用し,息切れ,胸痛,四肢の疼痛,むくみなどがみられたらすぐに処方医に連絡してください。
(7)悪性症候群……本剤の服用によって悪性症候群がおこることがあります。無動緘黙(かんもく)〈緘黙=無言症〉,強度の筋強剛, 嚥下(えんげ)困難, 頻脈, 血圧の変動, 発汗などが発現し,引き続いて発熱がみられたら, 服用を中止して体を冷やす, 水分を補給するなどして,ただちに処方医へ連絡してください。高熱が続き, 意識障害, 呼吸困難, 循環虚脱, 脱水症状, 急性腎不全へと移行して死亡した例が報告されています。
(8)殺虫剤……服用中は,有機燐系の殺虫剤には触れないようにしてください。殺虫剤の毒性を強め,縮瞳や徐脈などの症状が現れることがあります。
(9)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(10)その他……
・妊婦での安全性:原則として服用禁止。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)悪性症候群。(2)食欲不振,悪心・嘔吐,著しい便秘などから移行する麻痺性イレウス(腸閉塞)。(3)心電図異常。(4)けいれん発作。(5)無顆粒球症,白血球減少。(6)肺塞栓症, 深部静脈血栓症などの血栓塞栓症。(7)その他,類似薬のフェノチアジン系薬剤の長期服用で口周部などの不随意運動(遅発性ジスキネジア),フルフェナジンなどでけいれんや意識障害などを伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)が現れるとの報告があります。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ロドピンに効果効能が似た薬

ロドピンが気になる人向けのコラム

すぐに治療を!統合失調症は身近な病

統合失調症はどういう病気

統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連... 続きを読む

統合失調症ってどんな病気? 罹りやすい人の傾向があるって本当?

「統合失調症」という病名を聞いて、「どんな病気?」と首をひねる人は少なくないでしょう。実は、日本ではつい最近まで「精神分裂病」と呼ばれていました。この病名なら聞いたことがある人が多いと思いますが、ではどんな病気かと尋ねられたら、これまた首... 続きを読む

統合失調症治療には、メタボ対策も大切-抗精神病薬の副作用とは

統合失調症はかつて「精神分裂病」と呼ばれていましたが、2002年の世界精神医学総会(横浜市)で現行の名称に変更されました。これはかねてより患者さんから、偏見をなくして患者さんの社会復帰を促すためには名称を変更してほしいとの強い要望に応じた... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 2

仲間と賑やかにしているのが好きで、いつも誰かがそばにいないとダメな甘えん坊さんがこのタイプ。脳のクセでいえば「報酬依存」傾向の強い人です。
この場合の報酬とは、「周りから認められているという実感」のことで、これがないと不安になり、拒絶さ... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 1

好き嫌いの傾向は、遺伝子や育ち方、環境要因と密接なかかわりのある「脳のクセ」に影響されます。逆にいえば、脳のクセを知ることで、自分に合ったストレス対策を見つけることができるとも考えられます。
まずは、「脳のクセを知るテスト」のABCD... 続きを読む