デノパミールの効能・用量・副作用など

デノパミールの基本情報

経口投与が可能なカテコラミン製剤です。
神経伝達物質,また副腎髄質ホルモンとして重要な役目をしているカテコラミンの強心作用は強力ですが,内服した場合の有効性には疑問があります。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 強心薬>デノパミン>デノパミン
形状 錠剤
製造販売会社 日医工ファーマ=東和
保険薬価 錠剤5mg 1錠 22.70円
錠剤10mg 1錠 35.20円
同じ分類の薬 先発薬: カルグート    ジェネリック薬: ヘルパミン  デノパミン 

デノパミールの効果・効能

慢性心不全

デノパミールの用法・用量

1日15~30mg(細粒剤は0.3~0.6g)を3回に分けて服用。

デノパミールの使用上の注意と副作用

基本的注意

*デノパミン(カルグート)の添付文書による

(1)慎重に服用すべき場合……急性心筋梗塞/不整脈/肥大型閉塞性心筋症(特発性肥厚性大動脈弁下狭窄)
(2)定期検査……服用中は不整脈がおこりやすいので,通常3~6カ月ごとに心電図検査を受ける必要があります。
(3)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)不整脈(心室頻拍など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

デノパミールに効果効能が似た薬

デノパミールが気になる人向けのコラム

ファイトケミカルス

ファイトケミカルスの「ファイト(phyto)」はギリシャ語で植物、「ケミカルス(chemicals)」は英語で化学成分という意味。つまりファイトケミカルスとは、植物が作り出す天然の化学成分のこと。... 続きを読む

禁煙を無理なく確実に成功させるには-補助薬を上手く利用して

「タバコが健康に悪いことは十分わかっているけれどもやめられない」と、これまで何度も禁煙に失敗してきたという人たちの間で、禁煙補助薬を利用したり、医療機関の禁煙外来に通って禁煙治療を受ける方法が効果を上げています。
ニコチンガムやニコチ... 続きを読む

HRT

[HRT]とは耳慣れないコトバかもしれませんが、Hormone Replacement Therapyの頭文字をとった略語で「ホルモン補充療法」のことです。 「結論からいうと、閉経期(通常45~55歳)を迎え、女性ホルモン、とくにエストロ... 続きを読む

更年期後の健康管理-女性ホルモンとコレステロールの関係

「健診でLDLコレステロール値が高いといわれてしまった。とくに太ったわけでも、脂っこいものばかりを食べたわけでもないのに、なぜ?」50歳前後の更年期を迎えた女性に、このような経験をする人が増えてきます。
男性の場合コレステロール値の異... 続きを読む

誤解が多い甲状腺の病気-どんな病気があるの? 症状や治療法

甲状腺の病気は誤解されがちです。“甲状腺”という言葉自体が病名だと勘違いしている人も沢山います。そして、甲状腺の病気になると一生治らないものと思い込んでいる人も少なくないようです。とくに、この病気が女性に多いことから、この病気になると妊娠... 続きを読む