チルミメールの効能・用量・副作用など

チルミメールの基本情報

キニジン硫酸塩水和物キニジン硫酸塩水和物,プロカインアミド塩酸塩プロカインアミド塩酸塩,ジソピラミドリン酸塩ピリジンメタノール系抗不整脈薬,シベンゾリンコハク酸塩シベンゾリンコハク酸塩などに比較して,重症の不整脈を誘発する危険は少ないといわれています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 不整脈の薬>メキシレチン塩酸塩>メキシレチン塩酸塩
形状 カプセル剤
製造販売会社 鶴原
保険薬価 カプセル剤50mg 1カプセル 6.10円
カプセル剤100mg 1カプセル 10.50円
同じ分類の薬 先発薬: メキシチール    ジェネリック薬: メキシレート  メルデスト  ポエルテン  メキシレチン塩酸塩 

チルミメールの効果・効能

頻脈性不整脈(心室性)/糖尿病性神経障害に伴う自発痛やしびれ感の改善

チルミメールの用法・用量

1日300mgを3回に分けて服用。頻脈性不整脈に対して効果が不十分な場合は,1日450mgまで増量。

チルミメールの使用上の注意と副作用

基本的注意

*メキシレチン塩酸塩(メキシチール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い刺激伝導障害(ペースメーカー未使用のⅡ~Ⅲ度房室ブロックなど)
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……重い心不全を合併している糖尿病性神経障害のある人が自覚症状(自発痛,しびれ感)の改善を目的として服用する場合
(3)慎重に服用すべき場合……基礎心疾患(心筋梗塞,弁膜症,心筋症など)のある人/軽度の刺激伝導障害(不完全房室ブロック,脚ブロックなど)/著しい洞性徐脈/重い肝機能障害・腎機能障害/心不全/低血圧/パーキンソン症候群/血清カリウム低下の人/他の抗不整脈薬の服用中/高齢者
(4)服用法……本剤が食道にとどこおると食道潰瘍がおこることがあるので,多めの水(150mL以上)で服用してください。特に就寝前は,のんですぐに横にならないようにしてください。
(5)定期検査……服用中は,定期的に心電図,脈拍,血圧,心胸比の検査を受ける必要があります。特に,うっ血性心不全のある人,基礎心疾患(心筋梗塞,弁膜症,心筋症など)があって心不全をおこすおそれのある人,他の抗不整脈薬の併用者,高齢者は頻回に心電図の検査を受けることが必要です。
(6)心臓ペースメーカー使用中……本剤は,心臓ペーシングの閾値(いきち)を上昇させる場合があります。恒久的ペースメーカー使用中,あるいは一時的ペーシング中の人は適当な間隔でペーシング閾値を測定する必要があります。異常を感じたら,直ちに処方医へ連絡してください。
(7)危険作業は中止……本剤を服用すると,頭がボーとする,めまい,しびれなどの精神神経系症状がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(8)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)紅斑,水疱,結膜炎,口内炎などを伴う皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),紅皮症。(2)遅発性の重い過敏症状(発疹,発熱,リンパ節腫脹,肝機能障害,白血球増加,好酸球増多など)。(3)心室頻拍,房室ブロック。(4)腎不全。(5)幻覚,錯乱。(6)肝機能障害,黄疸。(7)間質性肺炎,好酸球性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(8)その他,類似薬で心停止,心室細動,失神,洞房ブロック,徐脈など。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

チルミメール - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

チルミメールが気になる人向けのコラム

不整脈ってなに? 自覚症状はある? 不整脈があるとどうなるの?

心臓の脈の打ち方が乱れる不整脈。自分では自覚症状がないのに、人間ドッグで指摘されて初めて気づく人も多いのが現状です。治療が不要なものから、手術が必要なものまであるので、正しい知識を身につけて対処しましょう。 脈の動きがバラつくことで症... 続きを読む

知っておくと便利な危険な不整脈の見分け方

不整脈とは
まずは、不整脈とはどういうものか確認してみましょう。


心臓は一定のリズムで収縮と拡張(拍動)をくり返し、全身に血液を循環させている。何らかの原因でこの拍動のリズムが乱れた状態を不整脈といい、異常に速くなる頻脈、遅く... 続きを読む

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む

不整脈ってどんな症状? 危険な不整脈、不整脈の治療とは?

心臓は休むことなく収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を循環させるポンプの働きをしています。心臓の筋肉(心筋)が収縮して血液を動脈中に押し出し、拡張して静脈から血液を受け入れるという運動が、規則正しく一定のリズムでくり返されているのです。この... 続きを読む