アルダクトンAの効能・用量・副作用など

アルダクトンAの基本情報

アルダクトンA錠25mg

アルダクトンA錠25mg

アルダクトンA錠50mg

アルダクトンA錠50mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


塩分(ナトリウム)のとりすぎは高血圧の大きな原因の一つです。カリウムには,余分なナトリウムを排出して血圧を下げる効果があります。
本剤は,カリウムを排泄しない利尿降圧薬なので,「カリウム保持性利尿降圧薬」と呼ばれています。利尿作用は弱く,単独で処方されることは少なく,ループ利尿薬などと併用されることが多いです。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 利尿降圧薬>スピロノラクトン>スピロノラクトン
形状 細粒剤
製造販売会社 ファイザー
保険薬価 細粒剤10% 1g 92.20円
錠剤25mg 1錠 21.80円
錠剤50mg 1錠 45.80円
同じ分類の薬 ジェネリック薬: ラッカルミン  スピラクトン  ノイダブル  マカシーA  ラクデーン 

アルダクトンAの効果・効能

高血圧症(本態性,腎性など)/心性浮腫(うっ血性心不全),腎性浮腫,肝性浮腫,特発性浮腫,悪性腫瘍に伴う浮腫・腹水,栄養失調性浮腫/原発性アルドステロン症の診断および症状の改善

アルダクトンAの用法・用量

1日50~100mg(細粒剤は0.5~1g)を分割服用。

アルダクトンAの使用上の注意と副作用

基本的注意

*スピロノラクトン(アルダクトンA)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……無尿状態,急性腎不全/高カリウム血症/アジソン病/タクロリムス・エプレレノンまたはミトタンの服用中/本剤に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……心疾患のある高齢者,重い冠硬化症や脳動脈硬化症/重い腎機能障害/減塩療法中/肝機能障害/乳児/高齢者
(3)発がん性……本剤を長期に服用した人(男女とも)に,乳がんが発生したとの報告があります。また,動物によるがん原性試験で,内分泌臓器の腫瘍や肝臓の増殖性変化がみられたとの報告があります。
(4)服用時間……夜間の休息が特に必要な人は,本剤による夜間の排尿を避けるため,午前中に服用するようにしてください。
(5)定期検査……連用すると電解質失調がおこることがあるので,定期的に血液や電解質(ナトリウム,カリウムなど)の検査を受ける必要があります。
(6)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまいなどがおこることがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(7)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)電解質異常(低カリウム血症,低ナトリウム血症,代謝性アシドーシスなど)。(2)急性腎不全。(3)中毒性表皮壊死融解症(TEN),皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アルダクトンAに効果効能が似た薬

アルダクトンAが気になる人向けのコラム

夏に塩分を多めに摂るのはからだに悪い? 多めに摂るべきタイミングは?

夏になると「塩飴」や「塩タブレット」など塩関連の商品が、コンビニやスーパーの棚に並んでいます。汗をかくと塩化ナトリウムが失われるとされていますが、夏にはいつもよりも塩分を摂取する必要があるのでしょうか。 塩分の補給が必要なのは大量の汗... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

脱インスタントがダイエットに効果的な理由

脱インスタント
インスタント食品を買う前にカロリーチェックをしてみると、大体400キロカロリーほど。
これならダイエットに支障はないはず、と思うのは間違いです。
インスタント食品がダイエットに良くないのは、塩分と油分が多く含まれるの... 続きを読む

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

糖分を上手にとって中性脂肪を下げる-甘党も辛党も糖分過多かも

メタボリックシンドロームに関心が集まるなかで、糖質のとりすぎに対する注意が叫ばれています。糖質とは、三大栄養素の一つである炭水化物のうち、食物繊維を除いたもの。食事でとった糖質は、肝臓でグリコーゲンになり、エネルギーとして使われますが、使... 続きを読む