ニルバジピンの効能・用量・副作用など

ニルバジピンの基本情報

ここに取り上げるカルシウム拮抗薬の適応症は高血圧症のみです。
ニカルジピン塩酸塩のペルジピンLA,ニカルジピン塩酸塩徐放カプセル,アラニジピンのサプレスタ,ベックは,徐放製剤になっています。
なお,ここで取り上げたすべての製剤は,胎児にさまざまな悪影響を及ぼすため,妊婦または妊娠している可能性のある人には「禁忌薬(服用してはいけない薬)」となっています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 血圧降下薬>カルシウム拮抗薬(適応症が高血圧症のみのもの)>ニルバジピン
形状 錠剤
製造販売会社 日本ジェネリック
保険薬価 錠剤2mg 1錠 9.60円
錠剤4mg 1錠 14.70円
同じ分類の薬 先発薬: ペルジピン  ペルジピンLA    ジェネリック薬: コポネント  ニスタジール  イセジピール 

ニルバジピンの効果・効能

[マニジピン塩酸塩,フェロジピン,アラニジピン,シルニジピン,アゼルニジピンの適応症]高血圧症
[ニルバジピン,ニカルジピン塩酸塩の適応症]本態性高血圧症
[バルニジピン塩酸塩の適応症]高血圧症,腎実質性高血圧症,腎血管性高血圧症

ニルバジピンの用法・用量

1回2~4mgを1日2回。

ニルバジピンの使用上の注意と副作用

基本的注意

*マニジピン塩酸塩(カルスロット),フェロジピン(スプレンジール),アゼルニジピン(カルブロック)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……妊婦または妊娠している可能性のある人(すべての製剤)
[フェロジピン]心原性ショック/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[アゼルニジピン]アゾール系抗真菌薬深在性真菌治療薬(イトラコナゾール,ミコナゾールなど),HIVプロテアーゼ阻害薬エイズ治療薬(2)(リトナビル,サキナビル,インジナビルなど),コビシスタット(スタリビルド配合錠エイズ治療薬(3))を服用している人/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……高齢者(バルニジピン塩酸塩を除く)
[マニジピン塩酸塩]重い肝機能障害
[フェロジピン]大動脈弁狭窄,僧帽弁狭窄/肝機能障害
[アゼルニジピン]重い肝機能・腎機能障害
(3)グレープフルーツジュース……同時に服用すると血中濃度が高くなり,過度の血圧低下などがおこることがあります。2時間以上の間隔をあけてください。
(4)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまいなどがおこることがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(5)その他……
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[マニジピン塩酸塩](1)過度の血圧低下による一過性の意識消失,脳梗塞。(2)無顆粒球症,血小板減少。(3)心室性期外収縮,上室性期外収縮。(4)紅皮症。
[フェロジピン](5)血管浮腫。
[アゼルニジピン](6)肝機能障害,黄疸。(7)房室ブロック,洞停止,徐脈。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ニルバジピンが気になる人向けのコラム

砂糖の摂りすぎが健康を害する、砂糖依存に注意! 5つの脱砂糖テク

甘くて美味しい砂糖が実は、とても依存性が高いと言われていることをご存知ですか? 砂糖依存になるとどんな影響が体にあるのか、また砂糖依存になる人が多いアメリカで開発された、無理なく砂糖から卒業できる5つの方法をご紹介します! 砂糖は快楽... 続きを読む

ココアダイエットで便秘を解消!

ココア
ダイエットというと、極端な食事制限や絶食をしたり、きつい運動を無理に行って痩せようとする人が時折見受けられます。

しかしこれらの極端な食事制限やきつい運動を行うダイエットは身体に多大な負担を与えるばかりではなく、胃腸の調子... 続きを読む

砂糖抜きダイエット

歯磨き
日々の暮らしで何気なく摂取している白砂糖を出来る限り抜くダイエットです。市販のお菓子、菓子パンなどはもちろん、コンビニのお惣菜など甘くなくても白砂糖はたくさん使われています。できるだけ自炊し、甘いものが食べたくなったら手作りの砂... 続きを読む

むくみを改善する塩抜きダイエット

塩抜き
塩抜きダイエットをご存知でしょうか。
塩抜きダイエットとは、食事から塩を抜くことで体内の浄化を促すダイエット法です。
普段から食べ過ぎで塩分を取り過ぎていると、体内はむくみを溜め込みやすい状態になっています。
この状態では... 続きを読む

ちくわおでんで、ダイエット

ちくわおでん
最近、とくに冬場はちくわおでんを食べるダイエットが注目されているのをご存じですか。忘年会やクリスマスといったイベントや寒くて身体を動かすのが辛いなど、冬場はダイエットに厳しい季節。そんな冬、体重コントロールに一役買ってくれ... 続きを読む