イフェンプロジル酒石酸塩の効能・用量・副作用など

イフェンプロジル酒石酸塩の基本情報

本剤には,脳や内耳の血流を増やす,脳の新陳代謝を活発にする,血液が固まるのを防ぐ作用があります。これらによって,脳梗塞や脳出血の後遺症としてのめまいを改善します。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 血液循環を改善する薬>イフェンプロジル酒石酸塩>イフェンプロジル酒石酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 陽進堂
保険薬価 錠剤20mg 1錠 5.80円
同じ分類の薬 先発薬: セロクラール    ジェネリック薬: アポノール  イブロノール  テクニス  フレザニール 

イフェンプロジル酒石酸塩の効果・効能

脳梗塞後遺症・脳出血後遺症に伴うめまいの改善

イフェンプロジル酒石酸塩の用法・用量

1回20mg(細粒剤は0.5g)を1日3回。

イフェンプロジル酒石酸塩の使用上の注意と副作用

基本的注意

*イフェンプロジル酒石酸塩(セロクラール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……頭蓋内出血発作後,止血が完成していないと考えられる人
(2)慎重に服用すべき場合……脳梗塞の発作直後/低血圧/心悸亢進
(3)服用の中止……本剤を12週服用しても効果がみられないときは,服用が中止になります。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。原則として服用しない。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

イフェンプロジル酒石酸塩に効果効能が似た薬

イフェンプロジル酒石酸塩が気になる人向けのコラム

命の危険がある脳出血の原因と症状、予防法とは

まずは、脳出血の正体を理解しよう
脳出血とは、その名の通り、脳の中を複雑に巡る血管が破れ脳内で出血を起こす状態に陥ることです。脳内に流れでた血液は、体の中であらゆる障害をひきおこし、最悪の場合は命の危険を伴うことも…。


脳出血... 続きを読む

冬に多い脳出血、夏に多い脳梗塞-水分摂取で脱水を防ごう

脳卒中というと冬場に多いというイメージがありますが、実は夏場に増えるタイプの脳卒中もあります。それは「脳梗塞」で、日本ではこの脳梗塞が脳卒中全体の約8割を占めています。
脳卒中は、脳の血管が破れて出血する「脳出血」、脳の血管が詰まって... 続きを読む

この症状、もしかしたら脳卒中?まずは正しい知識を身につけて

脳卒中が大部分を占める脳血管疾患の患者数は、約134万人(厚生労働省2008年患者調査)。がん、心疾患に次いで、日本人の死因の第3位を占め、年間約12.8万人(厚生労働省2008年人口動態統計)が亡くなっています。高齢者のますますの増加、... 続きを読む

脳卒中の危険因子とは-突然の発症、若くても油断禁物!

脳卒中(脳血管障害)は、1980年までは日本人の死因の第1位を占めていました。その後、がんや心臓病で亡くなる人がより多くなり、現在は死因の第3位となっています。といっても、脳卒中をおこす人が減少したわけではありません。治療の進歩などにより... 続きを読む

血圧は健康管理の大事なバロメーター|高血圧の基準とは?

一般健診や人間ドックの各検査項目のなかで、前回はBMIと腹囲について具体的に述べました。今回は血圧測定について見ていきましょう。
血圧はBMIと並んで健康診断において大変重要な検査項目です。また健康診断を受けなくても、体重と同様に、血... 続きを読む