ガンマロンの効能・用量・副作用など

ガンマロンの基本情報

ガンマアミノ酪酸(GABA)は,中枢神経系に存在するグルタミン酸が変化したものです。アメリカやイギリスでは薬として使われていません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 脳代謝賦活薬・認知症の薬>ガンマアミノ酪酸>ガンマアミノ酪酸
形状 錠剤
製造販売会社 第一三共
保険薬価 錠剤250mg 1錠 6.10円

ガンマロンの効果・効能

頭部外傷後遺症に伴う頭痛,頭重,疲れやすい,のぼせ感,耳鳴り,記憶障害,睡眠障害,意欲低下

ガンマロンの用法・用量

1日3g(12錠)を3回に分けて服用。

ガンマロンの使用上の注意と副作用

基本的注意

・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ガンマロンが気になる人向けのコラム

睡眠障害にならないための12の対策

睡眠障害とは

2005年に作られた睡眠障害国際分類第2版では、85の睡眠障害が取り上げられ、その原因に従って病気としての観点から、(1)不眠症(ふみんしょう)、(2)睡眠関連呼吸障害、(3)過眠症(かみんしょう)、(4)概日リズム睡... 続きを読む

夜更かしを続けてたら入院することになるかも!? 実は危険な睡眠障害

あなたももしかして睡眠障害!?
睡眠障害は不眠症のことだけではありません。質の悪い睡眠や、夢遊病や無呼吸症候群などの睡眠時の異常行動、昼夜の逆転した慢性的に時間のずれた睡眠など、色々な睡眠障害があります。


2005年に作られ... 続きを読む

若年性アルツハイマーの10の初期症状チェック-有効な治療は?

日本では、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備群と言われ、高齢者人口の増加に伴って認知症患者も増加しています。今年(2014年)春には、認知症高齢者の徘徊などによる行方不明者の多いことが話題になりました。
認知症は脳の... 続きを読む

認知症-老化との違いとは? 適切な初期治療で症状緩和も

私たちの脳は日常のあらゆる活動をコントロールしている大切な司令塔です。
認知症とは、なんらかの原因で脳の神経細胞が破壊されたり働きが悪くなることによって、記憶や分析・判断、実行といった認知機能が障害され、生活上の支障をきたす状態です。 ... 続きを読む

バーンアウト-ある日突然、意欲がなくなる|燃え尽き症候群

バーンアウト(burnout)はストレスと並んで、読者も耳にしたことが多い言葉であると思います。ここでは事例を通して、バーンアウトを具体的に考えてみましょう。システムエンジニアのAさん(32歳)の1日は次のような感じで過ぎます。早朝に目が... 続きを読む