メマリーの効能・用量・副作用など

メマリーの基本情報

メマリー錠20mg

メマリー錠20mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


本剤は,アセチルコリンエステラーゼ阻害薬認知症治療薬(1)(アセチルコリンエステラーゼ阻害薬)とは異なる作用機序の薬剤です。そのため,併用して処方されることもあります。
脳の神経細胞の障害は,グルタミン酸の過剰とその毒性が関与しているという考えに基づいて開発されました。神経細胞にあるグルタミン酸受容体のNMDA受容体に結合し,カルシウムイオンが神経細胞に流入することを抑制して神経細胞を守り,認知症症状の進行を抑制します。
中等度・高度のアルツハイマー型認知症の標準治療薬の1つとして,世界70以上の国で使われています。効果があるのはアルツハイマー型の認知症で,脳血管障害による認知症には処方されません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 脳代謝賦活薬・認知症の薬>認知症治療薬(2)>メマンチン塩酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 第一三共
保険薬価 錠剤5mg 1錠 137.70円
錠剤10mg 1錠 246.00円
錠剤20mg 1錠 439.70円
同じ分類の薬 先発薬: メマリーOD   

メマリーの効果・効能

中等度および高度アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制
〈注意〉(1)アルツハイマー型認知症と診断された人にのみ使用します。(2)本剤がアルツハイマー型認知症の病態そのものの進行を抑制するという成績は得られていません。(3)アルツハイマー型認知症以外の認知症性疾患に対して本剤の有効性は確認されていません。

メマリーの用法・用量

1日1回5mgから開始し,1週間に5mgずつ増量する。維持量は1日1回20mg。

メマリーの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……てんかんまたはけいれんの前歴/腎機能障害/高度の肝機能障害/尿のpH(ペーハー)を上昇させる因子を有する人
(3)過量服用……本剤は,医療従事者や家族などの管理のもとで服用する必要があります。過量に服用すると,不穏,幻視,けいれん,傾眠,昏迷,意識消失,昏睡,複視,激越などがおこることがあるので,指示量以上は絶対に服用しないでください。
(4)めまい……服用の初期にめまいがおこることがあるので,症状がみられたらすぐに処方医へ連絡してください。
(5)危険作業は中止……眠け,めまいなどが現れるおそれがあるので,服用中は高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)けいれん。(2)失神,意識消失。(3)精神症状(激越,幻覚,錯乱など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

メマリー - PC

PCB  説明(別ウィンドウ表示)

メマリーが気になる人向けのコラム

こんな症状に注意!家族が認知症になったら

認知症かもと思ったら早めに医療機関へ
認知症では、早期に発見して治療を開始することが、認知症の進行を遅らせる上でも、介護者の負担を減らす上でも重要です。


認知症はある日突然発症するのではなく、脳の中では何年も前から変化が起き始... 続きを読む

そのもの忘れ、若年性アルツハイマー病かも

若年性アルツハイマーってどんな病気

働きざかりの40、50代でアルツハイマー病を発症するわけですから、家計や介護などさまざまな面で問題がおこります。
意外と知らない若年性アルツハイマー病 - goo ヘルスケア

認知症には脳... 続きを読む

今すぐチェック!若年性認知症チェックリスト

若年性認知症とは

若年性アルツハイマー病は進行が速いため、とくに早期発見が重要です。
最近もの忘れが激しいけれど大丈夫? - goo ヘルスケア

認知症のうち、64歳以下で発症するものを若年性認知症と呼びます。若年性認知症に... 続きを読む

認知症-老化との違いとは? 適切な初期治療で症状緩和も

私たちの脳は日常のあらゆる活動をコントロールしている大切な司令塔です。
認知症とは、なんらかの原因で脳の神経細胞が破壊されたり働きが悪くなることによって、記憶や分析・判断、実行といった認知機能が障害され、生活上の支障をきたす状態です。 ... 続きを読む

若年性アルツハイマーの10の初期症状チェック-有効な治療は?

日本では、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備群と言われ、高齢者人口の増加に伴って認知症患者も増加しています。今年(2014年)春には、認知症高齢者の徘徊などによる行方不明者の多いことが話題になりました。
認知症は脳の... 続きを読む