トーファルミンの効能・用量・副作用など

トーファルミンの基本情報

パーキンソン症候群は,振戦麻痺(しんせんまひ)とも呼ばれる神経系の病気です。中年後期に発病することが多く,脳血管障害のあとでおこることが多いものです。脳炎の後遺症としておこるものは小児にもあります。
まず,手・腕・足などにふるえがおこり,ついで頭が律動的にうなずくこともあります。丸薬を親指と他の指でまるめるような動作は象徴的な不随意運動です。動いているときよりも休んでいるときの方がおこりやすいのですが,寝ているときにはみられません。
進行すると顔面がひきつるようになり,無表情になることが多くなります。しだいに歩くことが困難になりますが,病気が進行する前に作業療法や理学療法をすることが大切です。薬だけにたよるのではなく,家族全体ではげますことが必要です。
またこれらの症状は,抗精神病薬の副作用としておこる場合も少なくありません。
パーキンソン症候群に対する本剤の作用機序はまだ十分に解明されていません。ドパミンの放出促進作用・再取り込み抑制作用・合成促進作用によりドパミン作動ニューロンの活性が高められ,主としてドパミン作動神経系の活動を亢進することにより効果を示すと考えられています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 パーキンソン症候群の薬>アマンタジン塩酸塩>アマンタジン塩酸塩
形状 細粒剤
製造販売会社 キョーリン=杏林=共和
保険薬価 細粒剤10% 1g 8.60円
錠剤50mg 1錠 5.80円
錠剤100mg 1錠 8.30円
同じ分類の薬 先発薬: シンメトレル    ジェネリック薬: アテネジン  ボイダン  塩酸アマンタジン  アマンタジン塩酸塩 

トーファルミンの効果・効能

パーキンソン症候群/A型インフルエンザウイルス感染症/脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善

トーファルミンの用法・用量

1日100mg(1~2回に分けて服用)からはじめ,1週間後に維持量として1日200mg(2回に分けて服用)。1日300mg(3回に分けて服用)まで増量できる。A型インフルエンザウイルス感染症:1日100mgを1~2回に分けて服用。脳梗塞後遺症:1日100~150mgを2~3回に分けて服用。

トーファルミンの使用上の注意と副作用

警告

(1)てんかんまたはその前歴のある人,けいれんの素因のある人が本剤を服用すると,発作を誘発・悪化させることがあるので十分に注意してください。
(2)A型インフルエンザウイルス感染症の人が本剤を服用すると,自殺企図をおこしたとの報告があるので,服用に際しては医師と十分に話し合ってください。

基本的注意

*アマンタジン塩酸塩(シンメトレル)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人,授乳婦/透析を必要とする重い腎障害
(2)慎重に服用すべき場合……心血管疾患(うっ血性心疾患など),末梢性浮腫/腎機能障害/肝機能障害/低血圧/精神疾患/閉塞性隅角緑内障/高齢者
(3)服用の中止……本剤を「脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善」のために12週間服用しても効果がみられないときは,服用が中止になります。
(4)服用の急な中止……服用を急に中止すると,パーキンソン症状が悪化することがあります。自己判断で中止しないでください。
(5)周囲の配慮……パーキンソン症候群の人が服用すると,抑うつ症状が現れる場合があり,自殺企図の危険が伴います。周囲の人は,注意深く観察することが必要です。
(6)悪性症候群……本剤の服用によって悪性症候群がおこることがあります。無動緘黙(かんもく)〈緘黙=無言症〉,強度の筋強剛, 嚥下(えんげ)困難, 頻脈, 血圧の変動, 発汗などが発現し,引き続いて発熱がみられたら, 服用を中止して体を冷やす, 水分を補給するなどして,ただちに処方医へ連絡してください。
(7)危険作業は中止……本剤を服用すると,めまい,ふらつき,立ちくらみ,霧視などがおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(8)その他……
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)悪性症候群(高熱,意識障害,高度の筋硬直,不随意運動,ショック症状など)。(2)視力低下を伴うびまん性表在性角膜炎,角膜上皮浮腫様症状。(3)心不全。(4)肝機能障害。(5)腎機能障害。(6)昏睡を含む意識障害,幻覚・妄想・せん妄・錯乱などの精神障害,けいれん,ミオクローヌス。(7)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

トーファルミン - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

トーファルミンに効果効能が似た薬

トーファルミンが気になる人向けのコラム

インフルエンザにかからないための5カ条-体調不良のときの対処法

気温が低く空気が乾燥するこの季節、毎年のようにインフルエンザが流行します。インフルエンザは普通のかぜとは違い、症状が突然出て全身症状が比較的強いのが特徴。38℃以上の高熱、頭痛、関節痛や筋肉痛などの症状が全身に起こります。
特に体力の... 続きを読む

バーンアウト-ある日突然、意欲がなくなる|燃え尽き症候群

バーンアウト(burnout)はストレスと並んで、読者も耳にしたことが多い言葉であると思います。ここでは事例を通して、バーンアウトを具体的に考えてみましょう。システムエンジニアのAさん(32歳)の1日は次のような感じで過ぎます。早朝に目が... 続きを読む

この症状、もしかしたら脳卒中?まずは正しい知識を身につけて

脳卒中が大部分を占める脳血管疾患の患者数は、約134万人(厚生労働省2008年患者調査)。がん、心疾患に次いで、日本人の死因の第3位を占め、年間約12.8万人(厚生労働省2008年人口動態統計)が亡くなっています。高齢者のますますの増加、... 続きを読む

冬に多い脳出血、夏に多い脳梗塞-水分摂取で脱水を防ごう

脳卒中というと冬場に多いというイメージがありますが、実は夏場に増えるタイプの脳卒中もあります。それは「脳梗塞」で、日本ではこの脳梗塞が脳卒中全体の約8割を占めています。
脳卒中は、脳の血管が破れて出血する「脳出血」、脳の血管が詰まって... 続きを読む

インフルエンザ流行の危機? もしも発熱したらどうすればいい?

新型インフルエンザは、当初心配された国内での大きな流行や感染者の重症化などが起こらず、一般の危機感は何となく薄らいでいるかもしれません。そんな日本の“ひと安心ムード”をよそに、世界では感染者数の増加は続いていて、WHO(世界保健機関)が流... 続きを読む