プラミペキソール塩酸塩の効能・用量・副作用など

プラミペキソール塩酸塩の基本情報

レストレスレッグス症候群は,睡眠中の脚の不快感によりどうしても足を動かしたくなってしまい,そのため睡眠が妨げられ,慢性的な睡眠不足から日中のQOL(生活の質)が損なわれる病気です。パーキンソン病と同様にドパミン神経系が関与することがわかり,プラミペキソールの臨床試験が行われました。2006年に欧米で,日本でも2010年1月に適応症の追加が承認されました。
この症候群は,適切な運動や,症状から注意をそらす工夫などで,かなり対応が可能です。薬物治療はその後の選択肢です。副作用の頻度もかなり高いので,主治医とよく相談のうえ服薬を開始してください。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 パーキンソン症候群の薬>ドパミン受容体作動薬>プラミペキソール塩酸塩水和物
形状 錠剤
製造販売会社 陽進堂
保険薬価 錠剤0.125mg 1錠 24.30円
錠剤0.5mg 1錠 83.80円
同じ分類の薬 先発薬: ドミン  ビ・シフロール  レキップ  ミラペックスLA  レキップCR   

プラミペキソール塩酸塩の効果・効能

パーキンソン病
[ビ・シフロールのみ]中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

プラミペキソール塩酸塩の用法・用量

1日0.25mgからはじめ,2週目に1日量を0.5mgとして,以後1週間ごとに0.5mgずつ増量。標準維持量は1日1.5~4.5mg。1日量が1.5mg未満の場合は2回,1.5mg以上の場合は3回に分けて服用。レストレスレッグス症候群の場合は,通常1日1回0.25mg。1日0.125mgから開始し,0.75mgまで増量できる。

プラミペキソール塩酸塩の使用上の注意と副作用

警告

[プラミペキソール塩酸塩水和物,ロピニロール塩酸塩]前兆のない突発的睡眠や眠けなどが生じ,自動車事故をおこした例が報告されているので,服用中は自動車の運転,機械の操作,高所作業など危険を伴う作業には従事しないでください。

基本的注意

*プラミペキソール塩酸塩水和物(ビ・シフロール)ほかの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
[徐放剤(ミラペックスLA)のみ]透析患者を含む高度な腎機能障害(クレアチニンクリアランス30mL/分未満)
(2)慎重に服用すべき場合……幻覚・妄想などの精神症状またはそれらの前歴/腎機能障害/重い心疾患またはその前歴/低血圧症/高齢者
(3)服用法……(1)[プラミペキソール塩酸塩水和物]本剤は光に対して不安定なため,服用直前にPTPシートから取り出して服用してください。(2)[ロピニロール塩酸塩]本剤は一般に,空腹時に服用すると吐きけ,嘔吐などの消化器症状が多く現れる可能性があるため,できるだけ食後に服用してください。
(4)服用初期……特に服用初期には,めまい,立ちくらみ,ふらつきなどの起立性低血圧に基づく症状がおこりやすくなります。異常を感じたら,すぐに処方医へ連絡してください。
(5)突発的睡眠……「警告」にもある突発的睡眠をおこした症例の中には,傾眠や過度の眠けのような前兆を認めなかった例,あるいは服用開始後1年以上経過した後に初めて発現した例も報告されているので,危険を伴う作業には従事しないようにします。
(6)悪性症候群……本剤の服用によって悪性症候群がおこることがあります。無動緘黙(かんもく)〈緘黙=無言症〉,強度の筋強剛, 嚥下(えんげ)困難, 頻脈, 血圧の変動, 発汗などが発現し,引き続いて発熱がみられたら, 服用を中止して体を冷やす, 水分を補給するなどして,ただちに処方医へ連絡してください。
(7)その他……
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)前兆のない突発的睡眠。(2)幻覚,妄想,せん妄,激越,錯乱。(3)悪性症候群(発熱,意識障害,無動無言,高度の筋硬直,不随意運動,頻脈,発汗など)。(4)抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(けいれん,意識障害など)。(5)横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

プラミペキソール塩酸塩 - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

プラミペキソール塩酸塩に効果効能が似た薬

プラミペキソール塩酸塩が気になる人向けのコラム

便秘なしの腸美人がやっている6つの習慣-食事・運動・休養

うさぎのフンのようなコロコロとした便が出たり、おなかが張って苦しい便秘。多くの人が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
実は、便秘には明確な定義がありません。一般的には、数日に1回程度しか排便がないときに便秘ということが多い... 続きを読む

病院にいくかどうか迷ったら-早めの受診をすすめる理由

私たちの体は、大きな余力を持っています。たとえば、肝臓。通常の機能の10分の1くらいになって初めて、肝臓が弱った兆候が出るのです。同じようなことは、肺や心臓、腎臓でもいえます。少し調子が悪いと自覚した時には、少し悪くなったのではなく、相当... 続きを読む

過多月経の新しい治療法-子宮摘出をしない『MEA』とは

過多月経とは、月経の出血量が異常に多く、貧血を起こしたり、外出や仕事など生活に支障をきたす状態をいいます。実際には、患者さんが「月経量が多い」と訴え、そのために「全身がだるい」「動悸や息切れがする」などの自覚症状があり、検査で貧血と血色素... 続きを読む

寝ているときに起こる脚のムズムズ-治療法や受診する病院は?

太ももやふくらはぎなど脚の奥のほうに、まるで虫がはい回っているような「むずがゆさ」や「ピリピリ感」があって、じっとしていられない、一晩中眠れなかった――などという症状を訴える患者さんが、この数年で目立つようになってきました。不眠を訴えて睡... 続きを読む

パーキンソン病とは-主な4つの症状と治療法について

パーキンソン病は、主として働き盛りに発症する病気であるだけに、職場の理解や家族の協力、社会的な支援も大切な支えになります。同時に患者同士の情報交換も励みになり、最近はインターネットの活用も盛んです。その一つ「APPLE
明るく生きるパーキ... 続きを読む