トレリーフの効能・用量・副作用など

トレリーフの基本情報

もともとは抗けいれん薬として,てんかんの治療に用いられていた薬剤です。パーキンソン病患者でけいれん発作をおこした人が服用したところ,パーキンソン病症状も改善することが判明し,パーキンソン病治療薬としての使用が承認されました。
新たな臨床試験が行われるなど開発に費用がかかることもあり,抗けいれん薬としてのゾニサミドの薬価に比べ,かなり高い値段がついています。同様の例に,抗がん薬として使用されているメトトレキサートを抗リウマチ薬として開発したリウマトレックスがあります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 パーキンソン症候群の薬>ゾニサミド>ゾニサミド
形状 錠剤
製造販売会社 大日本住友
保険薬価 錠剤25mg 1錠 1,115.90円
同じ分類の薬 先発薬: エクセグラン    ジェネリック薬: エクセミド  ゾニサミド 

トレリーフの効果・効能

パーキンソン病(レボドパ含有製剤に他の抗パーキンソン病薬を使用しても十分に効果が得られなかった場合)

トレリーフの用法・用量

1日1回25mg。パーキンソン病における症状の日内変動(ウェアリング現象)の改善には1日1回50mg。レボドパ含有製剤と併用する。

トレリーフの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……重い肝機能障害またはその前歴(定期的に血液検査を受けます)
(3)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(4)発汗減少……本剤服用中に発汗減少が現れることがあるので体温の上昇に注意し,このような場合には高温環境下をできるだけ避けます。
(5)悪性症候群……本剤の服用中,または服用中止後に悪性症候群がおこることがあります。発熱,意識障害,無動無言,高度の筋硬直,不随意運動,嚥下(えんげ)困難,頻脈,血圧の変動,発汗などが現れたら,服用を中止して体を冷やす, 水分を補給するなどして,ただちに処方医へ連絡してください。
(6)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)悪性症候群(発熱,意識障害,無動無言,高度の筋硬直,不随意運動,嚥下困難,頻脈,発汗など)。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),剥脱(はくだつ)性皮膚炎。(3)過敏症症候群(発疹,発熱がみられ,さらにリンパ節腫脹,肝機能障害などの臓器障害,白血球増加,好酸球増多,異型リンパ球出現などを伴う)。(4)再生不良性貧血,無顆粒球症,赤芽球癆(ろう),血小板減少。(5)急性腎不全。(6)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(7)肝機能障害,黄疸。(8)横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感など)。(9)腎・尿路結石。(10)発汗減少に伴う熱中症。(11)幻覚,妄想,錯乱,せん妄などの精神症状。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

トレリーフ - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

トレリーフが気になる人向けのコラム

パーキンソン病とは-主な4つの症状と治療法について

パーキンソン病は、主として働き盛りに発症する病気であるだけに、職場の理解や家族の協力、社会的な支援も大切な支えになります。同時に患者同士の情報交換も励みになり、最近はインターネットの活用も盛んです。その一つ「APPLE
明るく生きるパーキ... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む

一日一食ダイエットの効果とは?

一日一食
短期間で簡単に痩せようと思うと、運動だけでは難しくなりますが、一日一食ダイエットなら、簡単に痩せることが出来ます。
一日一食ダイエットのやり方は、とっても簡単。朝、昼は出来るだけ食事をしないか、軽くとるにとどめて、夜に好きな... 続きを読む

40代の女性のからだの変化-ホルモン補充療法とは?

このシリーズ第7回の「18~39歳の女性の健康管理のポイント」に続いて、今回は「40~49歳の健康管理のポイント」をお届けします。
この年代の女性の体の一番の特徴は、女性ホルモンが急激に減ってくることです。「なんとなく疲れがとれない」、... 続きを読む

葬儀はいくらかかるの?

相場は約200万円ほど
日本消費者協会のアンケートによれば、身内の葬儀の際の費用として平均で200万円ほど掛かっていることが分かっています。数年前の調査の際には約230万円となっており、葬儀市場価格が低下傾向にあると言えます。調査自体は... 続きを読む