トライコアの効能・用量・副作用など

トライコアの基本情報

トライコア錠80mg

トライコア錠80mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


高脂血症(脂質異常症)の治療は,まず基本である食事療法を行い,さらに運動療法や高血圧・喫煙・肥満などの虚血性心疾患(狭心症,心筋梗塞など)の危険因子の軽減を十分行った上で,それでもなお不十分なら薬物療法を開始します。薬を服用しているからといって,食事療法をなおざりにしないでください。
フィブラート系の薬剤はコレステロールを低下させる薬として古くから使用されていましたが,HMG-CoA還元酵素阻害薬HMG-CoA還元酵素阻害薬が発売されてからは,新しいタイプのものが,主として中性脂肪(TG:トリグリセリド)低下の目的で処方されます。
なお,ここで取り上げたすべての製剤は,胎児にさまざまな悪影響を及ぼすため,妊婦または妊娠している可能性のある人には「禁忌薬(服用してはいけない薬)」となっています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 脂質異常症の薬>フィブラート系薬剤>フェノフィブラート
形状 錠剤
製造販売会社 アボット=帝人
保険薬価 錠剤53.3mg 1錠 30.30円
錠剤80mg 1錠 39.50円
同じ分類の薬 先発薬: リポクリン  ビノグラック  クロフィブラート  ベザトールSR  ベザリップ   

トライコアの効果・効能

高脂血症

トライコアの用法・用量

錠剤は1日1回106.6mg~160mg,カプセルは1日1回134mg~201mg。

トライコアの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ベザフィブラート(ベザトールSR)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……人工透析(腹膜透析を含む)をしている人/腎不全などの重い腎疾患/血清クレアチニン値が2.0mg/dL以上の人/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……腎機能の検査値に異常がみられる人が,本剤とHMG-CoA還元酵素阻害薬HMG-CoA還元酵素阻害薬(プラバスタチンナトリウム,シンバスタチン,フルバスタチンナトリウムなど)を併用すると横紋筋(おうもんきん)融解症(「重大な副作用」参照)が現れやすくなります。治療上やむを得ない場合にのみ処方されます。
(3)慎重に服用すべき場合……腎疾患/血清クレアチニン値が1.5mg/dLを超える人/肝機能障害またはその前歴/胆石またはその前歴/抗凝血薬の服用中/HMG-CoA還元酵素阻害薬の服用中/スルフォニル尿素系血糖降下薬(グリベンクラミド,グリクラジド,グリメピリドなど),ナテグリニドおよびインスリンの使用中/高齢者
〈注〉肝機能障害は,日本の添付文書では「慎重服用」となっていますが,イギリスでは「Contraindication(禁忌)」とされています。
(4)服用法……[ベザフィブラート]本剤は徐放錠なので,割ったり,砕いたりしないでそのまま服用してください。
(5)定期検査……服用中は,定期的に血液や腎機能の検査を受ける必要があります。
(6)動物実験……ラットのオスの高投与量群で,精巣の間質細胞腫が認められています。ラットのメスおよびマウスでは発がん性は認められていません。
(7)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感など)と,それに伴う重い腎機能障害(急性腎不全など)。
[ベザフィブラート,フェノフィブラートのみ](2)肝機能障害,黄疸。
[ベザフィブラートのみ](3)ショック,アナフィラキシー様症状(顔面浮腫,口唇の腫脹など)。(4)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),多形紅斑。
[クロフィブラートのみ](5)無顆粒球症。
[フェノフィブラートのみ](6)膵炎。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

トライコア - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

トライコアが気になる人向けのコラム

健康診断の検査結果から病気リスクを読み解く-高血圧と高脂血症

血液が、心臓から全身に送り出されるときに、血管に与える圧力が「血圧」です。心臓が収縮して動脈に送り出すときの圧力を収縮期血圧(最高血圧)、また、心臓がもとに戻ったときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)といいます。血圧は、高ければ高いほど、血管... 続きを読む

血圧は健康管理の大事なバロメーター|高血圧の基準とは?

一般健診や人間ドックの各検査項目のなかで、前回はBMIと腹囲について具体的に述べました。今回は血圧測定について見ていきましょう。
血圧はBMIと並んで健康診断において大変重要な検査項目です。また健康診断を受けなくても、体重と同様に、血... 続きを読む

そのダイエット大丈夫?健康的にやせるためのポイント

もっとやせたい・・・日頃から、そのように思っている人も多いことでしょう。しかし、過剰なダイエットは実は、百害あって一利なし。それを知らずに続けたために、健康に弊害が出るケースが見られます。
ダイエットというと、「食べる量を減らす」方法... 続きを読む

悪玉コレステロールのLDLコレステロール-本当は必要な存在

脂質異常症は、高血圧と同様ほとんど無症状のため自分では気づきにくく、健康診断をきっかけに見つかることが多い病気です。脂質異常症は動脈硬化のリスクを高め、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患のリスクを増加させるとされています。今回は、脂質検査... 続きを読む

子どものアレルギーは予防できるのか-早めにできるケアって何?

アレルギー性の病気に悩む子どもの姿が目立ちます。実際、文部科学省の統計をみても、たとえばぜん息患者の割合は、幼稚園児から高校生までの各年代で10年前の2倍前後に増えています(「平成20年度学校保健統計調査」より)。とはいえ、ひと口にアレル... 続きを読む