ジルペンダーの効能・用量・副作用など

ジルペンダーの基本情報

血小板の血液凝集作用を弱めることにより,血液凝固を阻止します。
PDR(アメリカの医薬品集)では,チクロピジン塩酸塩はアスピリン小用量アスピリン(血栓防止用)が無効の人,またはアスピリンが使えない人にのみ使用すべきであると記述しています。
また,『mims』(イギリスの医薬品カタログ)では,チクロピジン塩酸塩による治療は,病院医師によってのみ始められるべきであると書いていましたが,2003年3月号からチクロピジン塩酸塩の掲載そのものをやめました。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 血液凝固を防ぐ薬>チクロピジン塩酸塩>チクロピジン塩酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 日新
保険薬価 錠剤100mg 1錠 6.40円
同じ分類の薬 先発薬: パナルジン    ジェネリック薬: ニチステート  パナピジン  ビーチロン  マイトジン 

ジルペンダーの効果・効能

血管手術および血液体外循環に伴う血栓・塞栓の治療ならびに血流障害の改善/慢性動脈閉塞症に伴う潰瘍・疼痛・冷感などの阻血性諸症状の改善/虚血性脳血管障害(一過性脳虚血発作〈TIA〉,脳梗塞)に伴う血栓・塞栓の治療/クモ膜下出血手術後の脳血管れん縮に伴う血流障害の治療

ジルペンダーの用法・用量

処方医の指示通りに服用。

ジルペンダーの使用上の注意と副作用

警告

(1)血栓性血小板減少性紫斑病(TTP),無顆粒球症,重い肝機能障害などの重大な副作用が,主に服用開始後2カ月以内に現れ,死亡に至る例も報告されています。1999年7月の「緊急安全性情報」以後も,多数の副作用死が報告されています。
(2)本剤の服用にあたっては,医師と十分に話し合い,納得したのち服用すること,また服用中は必ず定期的に検査を受け,常に状態に気をくばってください。

基本的注意

*チクロピジン塩酸塩(パナルジン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……出血している人(血友病,毛細血管脆弱(ぜいじゃく)症,消化管潰瘍,尿路出血,喀血,硝子体出血など)/重症の肝機能障害/白血球減少症/本剤による白血球減少症の前歴/本剤に対するアレルギーの前歴
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……肝機能障害
(3)慎重に服用すべき場合……月経期間中/出血傾向ならびにその素因がある人/肝機能障害の前歴/白血球減少症の前歴/高血圧/手術を予定している人/高齢者
(4)定期検査……「警告」にあるように危険性の高い薬剤なので,服用開始後2カ月間は,原則として2週間に1回,血液,肝機能などの検査を受ける必要があります。
(5)その他……
・妊婦での安全性:原則として服用しない。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)倦怠感,食欲不振,紫斑などの出血症状,発熱,腎機能障害,意識障害などの精神症状などを伴う血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)。(2)無顆粒球症(初期症状:発熱,咽頭痛,倦怠感など)。(3)重い肝機能障害(初期症状:悪心・嘔吐,食欲不振,倦怠感,そう痒感,眼球黄染,皮膚の黄染,褐色尿など)。(4)再生不良性貧血を含む汎血球減少症,赤芽球癆(ろう),血小板減少症。(5)出血(脳出血,消化管出血)。(6)中毒性表皮壊死融解症(TEN),皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),紅皮症,多型滲出性紅斑。(7)急性腎不全。(8)消化性潰瘍。(9)間質性肺炎。(10)発熱,関節痛,胸部痛,胸水貯留,抗核抗体陽性などを伴うSLE(全身性エリテマトーデス)様症状。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ジルペンダー - PC

PCB  説明(別ウィンドウ表示)

ジルペンダーに効果効能が似た薬

ジルペンダーが気になる人向けのコラム

血流改善で効率的にダイエット!

血流改善
人間の身体の中には無数の血管が通っており、血管の中を通る血液の流れが悪くなると太りやすくなると言われています。

血液の流れが悪くなると、まず腸が正常に動かなくなり、腸から効率的に栄養を吸収する事が出来なくなります。
腸... 続きを読む

申年は赤い下着で迎えると縁起がいい 赤い下着で血流・体温UP!

日本では昔から、「申年に赤い下着を身につけると健康に過ごせる」という言い伝えがあるのをご存知ですか?
申年のサルにかけて、“病が去る”という意味があったり、赤は昔から“病気を防ぐ厄除けの色”という言い伝えもあるので、申年には赤い下着がい... 続きを読む

エコノミークラス症候群、4つの予防法|こんなタイプの人は特に注意!

旅行や帰省などで長時間乗り物に乗るとき気をつけたいのが「ロングフライト血栓症」(深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症)。同じ姿勢で長時間座っていることで、脚の静脈に血栓(血のかたまり)ができ、それが血流に乗って肺まで運ばれ、肺動脈を詰まらせる病気... 続きを読む

冷え症を解決するには筋トレが一番? 筋トレとストレッチで血流UP

冬が近づき寒くなり始めると、あちらこちらで聞かれる「冷え性」の話題。男性に比べて、圧倒的に女性のほうが冷え性の悩みを抱えている傾向にありますが、それは筋肉量と脂肪量が関わっています。
筋肉量が高いと基礎代謝がアップし体温も上がります。... 続きを読む

高血圧を放置するとどうなるの?-脳・心臓・腎臓の病気

アメリカでは高血圧のことを「サイレントキラー」と呼ぶそうです。「静かなる殺人者」とは、ずいぶん怖いネーミングですね。でも実際、高血圧であっても痛みや体調不良というようなはっきりと自覚できる症状はほとんどありません。そのため治療もせずに放っ... 続きを読む