デトメファンの効能・用量・副作用など

デトメファンの基本情報

コデインリン酸塩水和物麻薬系中枢性鎮咳薬と同様,延髄の咳嗽(がいそう)中枢に働いてせきを止めます。このような薬剤を「中枢性鎮咳薬」といいます。モルヒネやコデインがその代表ですが,最近は種々の中枢性鎮咳薬が合成されています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 咳を鎮める薬>非麻薬系中枢性鎮咳薬>デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物
形状 錠剤
製造販売会社 ニプロ=日本ジェネリック
保険薬価 錠剤15mg 1錠 5.60円
同じ分類の薬 先発薬: メジコン  レスプレン    ジェネリック薬: アストマリ  シーサール  メゼック 

デトメファンの効果・効能

[エプラジノン塩酸塩、チペピジンヒベンズ酸塩の適応症]感冒,上気道炎(咽喉頭炎,鼻カタル),急性気管支炎,慢性気管支炎,肺炎,肺結核,気管支拡張症に伴うせき・たんの除去
*成分によって適応症は若干異なります。

デトメファンの用法・用量

1回15~30mg(散剤・細粒剤は0.15~0.3g)を1日1~4回。

デトメファンの使用上の注意と副作用

基本的注意

*デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(メジコン),チペピジンヒベンズ酸塩(アスベリン)などの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物]モノアミン酸化酵素阻害薬の服用中
[ペントキシベリンクエン酸塩]緑内障
(2)服用法……[チペピジンヒベンズ酸塩]シロップの場合は,均一となるようによく振って,沈殿が生じていないことを確認してから服用してください。
(3)赤い尿……[チペピジンヒベンズ酸塩]本剤の代謝物によって赤味がかった着色尿がみられることがあります。
(4)危険作業は中止……[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物]本剤を服用すると,眠けを催すことがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(5)その他……
[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・低出生体重児・新生児~小児での安全性:未確立。
[チペピジンヒベンズ酸塩]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物,クロフェダノール塩酸塩,チペピジンヒベンズ酸塩](1)ショック,アナフィラキシー様症状(せき,腹痛,嘔吐,発疹,呼吸困難など)。
[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物](2)呼吸抑制。
[クロフェダノール塩酸塩](3)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),多型滲出性紅斑。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

デトメファン - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

デトメファンに効果効能が似た薬

デトメファンが気になる人向けのコラム

吉田沙保里さんも…おとなの「喘息(ぜんそく)」にご用心

「霊長類最強の女」と呼ばれるレスリングの吉田沙保里さんが、喘息を発症したという報道がありました。 2015年9月の世界選手権の前からその症状が出ていたようで、どんどん病状が悪化して、ようやく12月に入って受診、判明したそうです。 スパー... 続きを読む

長引く咳に要注意!あなたも咳ぜんそくかも

こんな時は咳ぜんそくを疑ってみよう

ぜんそくというと子どもに多いと思われるかもしれませんが、実は大人のぜんそく患者が増えています。
大人のぜんそくが増えている(1) - goo ヘルスケア

風邪が治った後も1カ月以上頑固な... 続きを読む

妊婦の10人に1が発症する妊娠糖尿病の恐怖

妊娠糖尿病とはどんな病気
今や10人に1人の妊婦が発症すると言われている妊娠糖尿病。妊娠糖尿病とはどんな病気なのでしょうか。


妊娠中に、一時的に糖を代謝する機能が低下し、血糖値が高くなる病気。妊娠後に初めて発症し、出産後に回復... 続きを読む

死亡率7% 「拒食症・過食症」は危険な難病

食べられなくなる拒食症
拒食症の正式な名称は神経性食欲不振症です。食べずにやせていく制限型と、過食をした後に嘔吐や下剤を使用する排泄型があります。


やせていることが美しいとする文化的な背景のある地域に多くみられ、約95%が女性... 続きを読む

ノンアルビールにトクホが登場!気になる成分「難消化デキストリン」を調査

飲酒運転禁止が道路交通法の改正によって厳格化された影響もあり、すっかり一般的になったノンアルコールビール。ビールメーカー各社が様々なタイプのノンアルビールを発売し、昼間のアルコール代わりの飲み物としてのポジションも確立しつつあります。 ... 続きを読む