フスタゾールの効能・用量・副作用など

フスタゾールの基本情報

フスタゾール錠10mg

フスタゾール錠10mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


コデインリン酸塩水和物麻薬系中枢性鎮咳薬と同様,延髄の咳嗽(がいそう)中枢に働いてせきを止めます。このような薬剤を「中枢性鎮咳薬」といいます。モルヒネやコデインがその代表ですが,最近は種々の中枢性鎮咳薬が合成されています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 咳を鎮める薬>非麻薬系中枢性鎮咳薬>クロペラスチン
形状 散剤
製造販売会社 田辺三菱
保険薬価 散剤10% 1g 20.10円
錠剤10mg 1錠 5.80円
錠剤2.5mg 1錠 (小児用) 5.80円
同じ分類の薬 先発薬: メジコン    ジェネリック薬: アストマリ  シーサール  デトメファン  メゼック 

フスタゾールの効果・効能

[エプラジノン塩酸塩、チペピジンヒベンズ酸塩の適応症]感冒,上気道炎(咽喉頭炎,鼻カタル),急性気管支炎,慢性気管支炎,肺炎,肺結核,気管支拡張症に伴うせき・たんの除去
*成分によって適応症は若干異なります。

フスタゾールの用法・用量

1日30~60mg(散剤は0.3~0.6g)を3回に分けて服用。幼小児は処方医の指示通りに服用。

フスタゾールの使用上の注意と副作用

基本的注意

*デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(メジコン),チペピジンヒベンズ酸塩(アスベリン)などの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物]モノアミン酸化酵素阻害薬の服用中
[ペントキシベリンクエン酸塩]緑内障
(2)服用法……[チペピジンヒベンズ酸塩]シロップの場合は,均一となるようによく振って,沈殿が生じていないことを確認してから服用してください。
(3)赤い尿……[チペピジンヒベンズ酸塩]本剤の代謝物によって赤味がかった着色尿がみられることがあります。
(4)危険作業は中止……[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物]本剤を服用すると,眠けを催すことがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(5)その他……
[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・低出生体重児・新生児~小児での安全性:未確立。
[チペピジンヒベンズ酸塩]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物,クロフェダノール塩酸塩,チペピジンヒベンズ酸塩](1)ショック,アナフィラキシー様症状(せき,腹痛,嘔吐,発疹,呼吸困難など)。
[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物](2)呼吸抑制。
[クロフェダノール塩酸塩](3)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),多型滲出性紅斑。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

フスタゾールに効果効能が似た薬

フスタゾールが気になる人向けのコラム

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む

長引く咳に注意!マイコプラズマ肺炎かも

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎は若い人に多くみられ、痰(たん)のない乾いた激しいせきが長引くが、重症化することは少ない。
マイコプラズマ - goo ヘルスケア

風邪だと思っていても、咳がなかなか止まらないときマ... 続きを読む

女性に最も多いがん「乳がん」の対処法まとめ

乳がんは女性に最も多いがん

女性がかかるがんの中で最も多いのが乳がんです。年齢別では30歳代から増加し始めて50歳前後にピークがあり、職場や家庭で頼りにされる働き盛りの女性にとって、特に注意が必要ながんといえます。
定期的な運動に... 続きを読む

衝撃 アザで発覚する白血病の恐怖

そもそも白血病とは

血液のがんの一つ。かつては不治の病と言われたが、治療法の進歩によりタイプによっては完治が期待できるようになった。血液中の赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる細胞を造血幹細胞と言う。造血幹細胞は一定の決... 続きを読む

頭痛に悩む方必見!神経痛と名の付く頭痛って

治らない頭痛、それは後頭神経痛かも
後頭部や耳の後ろに髪の毛が引っ張られるような突発的な痛みがある、ケロッと治ってしまうこともあれば、激しい痛みが断続的に続いて治らないこともあるという症状に苦しんでいませんか。いつ襲ってくるかわからない... 続きを読む