マグラックスの効能・用量・副作用など

マグラックスの基本情報

マグラックス錠250mg

マグラックス錠250mg

マグラックス錠330mg

マグラックス錠330mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


「酸がなければ潰瘍なし」といわれています。酸-アルカリの中和作用で(胃)酸をなくすのですが,反応で生じた二酸化炭素が二次的に胃壁を刺激して胃酸の分泌を促すこともあります。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 健胃消化剤・制酸剤など>制酸剤>酸化マグネシウム
形状 細粒剤
製造販売会社 吉田製薬
保険薬価 細粒剤83% 1g 13.40円
錠剤200mg 1錠 5.60円
錠剤250mg 1錠 5.60円
錠剤300mg 1錠 5.60円
錠剤330mg 1錠 5.60円
錠剤400mg 1錠 5.60円
錠剤500mg 1錠 5.60円
同じ分類の薬 先発薬: 沈降炭酸カルシウム  ミルマグ    ジェネリック薬: マーロックス懸濁用配合顆粒  マルファ懸濁用配合顆粒  タイメック懸濁用配合顆粒 

マグラックスの効果・効能

胃潰瘍,十二指腸潰瘍,胃炎,胃酸過多,上部消化管機能異常
[水酸化マグネシウム,酸化マグネシウム,炭酸マグネシウムのみの適応症]便秘症
[酸化マグネシウムのみの適応症]尿路シュウ酸カルシウム結石の発生予防
[炭酸水素ナトリウムのみの適応症]アシドーシスの改善,尿酸排泄の促進,痛風発作の予防/上気道炎の補助療法
[乾燥水酸化アルミニウムゲルのみの適応症]尿中リン排泄増加に伴う尿路結石の発生予防

マグラックスの用法・用量

1日0.5~1gを数回に分けて服用。便秘症の場合は,1日2gを3回に分けて、あるいは就寝前に1回。

マグラックスの使用上の注意と副作用

基本的注意

*水酸化アルミニウムゲル・水酸化マグネシウム配合剤(マーロックス懸濁用配合顆粒)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……透析療法を受けている人
(2)慎重に服用すべき場合……腎機能障害/心機能障害/下痢のある人/高マグネシウム血症/リン酸塩が低下している人
(3)服用法……[水酸化アルミニウムゲル・水酸化マグネシウム配合剤の顆粒剤]本剤は水に浮かし,溶けたら速やかに服用してください。また,本剤を水とともに経口服用するときは,コップ1杯の水とともに服用してください。
(4)定期検査……長期服用するとアルミニウム脳症やアルミニウム骨症を,長期大量に服用すると高カルシウム血症や高マグネシウム血症をおこすことがあります。定期的に血中のマグネシウム,アルミニウム,リン,カルシウム,AL-Pなどを測定することが必要です。
(5)ミルク-アルカリ症候群……服用中に牛乳や乳製品,カルシウム製剤をとると,ミルク-アルカリ症候群(高カルシウム血症,高窒素血症,アルカローシスなど)が現れることがあります。
(6)その他……
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

マグラックスが気になる人向けのコラム

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

七転八倒の激痛に襲われる尿管結石を知ろう

尿管結石(尿路結石)とはどんな病気
「尿管結石」は尿路結石の一種です。腎臓・尿路(尿の通り道)で尿中の成分が結晶化したものを尿路結石といいます。尿管結石は尿管にできた結石のことで、腎臓結石・膀胱結石・尿道結石などの尿路結石があります。 ... 続きを読む

体内を鍛えるロングブレスダイエット

ロングブレス
普段、意識せずに行っている呼吸。それを注意深く時間をかけ、筋肉の使用をしっかり意識しながら行うのがロングブレスダイエットです。

このダイエットには、大きく分けて三つの効果があります。
まず、深く強い呼吸でインナーマ... 続きを読む

吉田沙保里さんも…おとなの「喘息(ぜんそく)」にご用心

「霊長類最強の女」と呼ばれるレスリングの吉田沙保里さんが、喘息を発症したという報道がありました。 2015年9月の世界選手権の前からその症状が出ていたようで、どんどん病状が悪化して、ようやく12月に入って受診、判明したそうです。 スパー... 続きを読む

命の危険がある脳出血の原因と症状、予防法とは

まずは、脳出血の正体を理解しよう
脳出血とは、その名の通り、脳の中を複雑に巡る血管が破れ脳内で出血を起こす状態に陥ることです。脳内に流れでた血液は、体の中であらゆる障害をひきおこし、最悪の場合は命の危険を伴うことも…。


脳出血... 続きを読む