ベンコール配合錠の効能・用量・副作用など

ベンコール配合錠の基本情報

水分を浸透させて便を軟らかくするジオクチルソジウムスルホサクシネートと腸管のぜん動を亢進させるカサンスラノールの合剤で,大腸刺激性便秘薬に属します。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 便秘の薬>その他の便秘治療薬>ジオクチルソジウムスルホサクシネート・カサンスラノール配合剤
形状 錠剤
製造販売会社 日医工
保険薬価 錠剤   1錠 5.60円
同じ分類の薬 ジェネリック薬: ビーマス配合錠 

ベンコール配合錠の効果・効能

便秘症/腹部臓器検査時または手術時の腸管内容物の排除

ベンコール配合錠の用法・用量

1回5~6錠を就寝前または1日6錠を2~3回に分けて服用。

ベンコール配合錠の使用上の注意と副作用

基本的注意

*ビーマス配合錠の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……急性腹症が疑われる人/重症の硬結便がある人/けいれん性便秘/授乳婦
(2)長期連用の禁止……連用すると,薬に対する慣れが生じて効果が弱まり,薬に頼りがちになるので,長期連用はしてはいけません。
(3)尿の色……本剤の服用により,尿が黄褐色・赤色になることがあります。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用(大量服用は禁止)。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ベンコール配合錠が気になる人向けのコラム

要注意!こんな肌荒れは臓器のトラブルかも

大人にきびは腸が弱っている証拠
大人になってもにきびを「若さの象徴」などと思っていてはいけません。実は便秘が原因でも肌荒れを起こしてしまうのです。


便秘をそのままにしていると、肌荒れや肩こり、頭痛などの症状を引き起こしたり、長... 続きを読む

再生医療の今とは-歯や毛の再生は2020年ごろに叶う?

病気や事故などによって失われた細胞、組織、臓器・器官の機能回復を目的として、生物の再生や修復の仕組みを利用した医療を「再生医療」といいます。従来の医療では、機能を喪失した臓器・器官(注:複数種類の細胞からなり、特有の機能発現を示すものを器... 続きを読む

体を元気にする足裏マッサージ法-イラストでわかる足裏と体の相関図

肩こり、便秘、月経痛などは、女性が抱える悩みの代表格。あなたも、そんな悩みの持ち主では?
こうしたからだの不調や疲れを改善し、心身ともに元気になれると注目されているのが、リフレクソロジーです。からだの器官や臓器に対応するポイントが足裏に... 続きを読む

お腹がポッコリしてきた、それは卵巣のう腫かも? その他の症状は?

卵巣は乳房や子宮と同様に、女性にとって大切な働きをもつ臓器ですが、卵巣が体のどこにあってどんな形で、どんな働きをしているのか、よく知っているという人は少ないのではないでしょうか?

卵巣は骨盤の中にあって、子宮の両側に一つずつ靭帯(じん... 続きを読む

女性は男性よりアルコール依存症になりやすい? 6つの注意点

古くから、お酒は「百薬の長」といわれ、心身の緊張を和らげてストレス解消に効果があるだけでなく、急性心筋梗塞のリスクを下げる効果もあることがわかっています。しかし、百薬の長であるのは、「適量を上手に飲めば」という条件つきです。飲みすぎれば、... 続きを読む