シナール配合顆粒の効能・用量・副作用など

シナール配合顆粒の基本情報

処方目的(適応症)のうち,アスコルビン酸の(3),およびアスコルビン酸・パントテン酸カルシウム配合剤の処方目的については,再評価で「効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきではない」とのコメントがついています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 水溶性ビタミン剤>ビタミンC>アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム配合剤
形状 顆粒剤
製造販売会社 塩野義
保険薬価 顆粒剤   1g 6.20円
同じ分類の薬 先発薬: ハイシー  シナール配合錠  アスコルビン酸    ジェネリック薬: シーピー配合顆粒  デラキシー配合顆粒 

シナール配合顆粒の効果・効能

[アスコルビン酸の適応症](1)ビタミンC欠乏症(壊血病,メルレル・バロー病)/(2)ビタミンCの需要が増大し,食事からの摂取が不十分な場合→消耗性疾患,妊産婦,授乳婦,激しい肉体労働時など/(3)以下の疾患のうち,ビタミンCの欠乏または代謝障害が関与すると推定される場合→毛細管出血(鼻出血,歯肉出血,血尿など),薬物中毒,副腎皮質機能障害,骨折時の骨基質形成・骨癒合促進,しみ・そばかす・炎症後の色素沈着,光線過敏性皮膚炎
[アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム配合剤の適応症](1)アスコルビン酸やパントテン酸カルシウムの需要が増大し,食事からの摂取が不十分な場合(消耗性疾患,妊産婦,授乳婦など)/(2)炎症後の色素沈着

シナール配合顆粒の用法・用量

1回1~3g(錠剤は1~3錠)を1日1~3回。

シナール配合顆粒の使用上の注意と副作用

基本的注意

*アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム配合剤(シナール配合顆粒)の添付文書による

(1)検査前に伝達……アスコルビン酸(ビタミンC)は,尿糖検査で尿糖の検出を妨害,また尿検査(潜血,ビリルビン,亜硝酸塩)や便潜血反応検査で,偽陰性を呈することがあります。服用中に検査を受ける場合は,事前にその旨を医師に伝えてください。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

シナール配合顆粒に効果効能が似た薬

シナール配合顆粒が気になる人向けのコラム

J・ジャクソンが50歳で妊娠! 40・50代の高齢不妊で妊娠できる確率は?

先日、米国の人気女性歌手ジャネット・ジャクソンさんが50歳で第1子を妊娠していることを公表しました。 晩婚化が進む現代では、高齢出産が増えてきていますが、妊娠・出産できる確率は、加齢とともに低くなるのは周知の事実です。40代、50代で出産し... 続きを読む

飲むだけで簡単なミネラルウォーターダイエット

ミネラルウォーター
ミネラルウォーターダイエットは文字通りミネラルウォーターを飲むだけのダイエット方法です。
このダイエット方法の利点は主にお水でお腹が膨らむので食事の量を減らせる点と、ミネラルを体内に補給できる点の2つです。
食事... 続きを読む

素敵なスタイルは骨からつくられる-カルシウムの正しい取り方

身体を支えているのは骨。いつまでも素敵なプロポーションで健康美人でいるためには、骨の健康を維持することが大切です。
とくに、女性は骨粗しょう症になりやすいといわれています。骨粗しょう症とは骨からカルシウムが溶け出し、骨がスカスカになって... 続きを読む

日本人にはカルシウムが足りない? カルシウムの効果的なとり方

「飽食の時代」と言われるようになって久しい日本ですが、長年「カルシウム不足」が指摘され続けています。日本人のカルシウム摂取量は、1970年代からほとんど増えていないばかりか、近年少しずつ減ってきていることが国の調査でわかりました。
カル... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む