オイグルコンの効能・用量・副作用など

オイグルコンの基本情報

オイグルコン錠1.25mg

オイグルコン錠1.25mg

オイグルコン錠2.5mg

オイグルコン錠2.5mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


本剤は,抗菌薬のサルファ剤サルファ剤を使用中に,たまたま血糖降下作用があることが発見されて開発されました。
インスリン分泌促進薬の一つで,膵臓のβ(ベータ)細胞膜上のスルフォニルウレア受容体に結合し,インスリンの分泌を促進して血糖値を下げます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 糖尿病の内服薬>糖尿病治療薬(スルフォニルウレア系)>グリベンクラミド
形状 錠剤
製造販売会社 中外
保険薬価 錠剤1.25mg 1錠 7.70円
錠剤2.5mg 1錠 13.30円
同じ分類の薬 先発薬: ダオニール  アベマイド    ジェネリック薬: パミルコン  ダムゼール  マーグレイド 

オイグルコンの効果・効能

2型糖尿病(食事・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る)

オイグルコンの用法・用量

1日1.25~2.5mgを1~2回に分けて服用。1日最大10mg。

オイグルコンの使用上の注意と副作用

警告

 重篤で遷延(せんえん)性(長引くこと)の低血糖症がおこることがあるため,用法・用量など指示されたことは厳守しなければなりません。

基本的注意

*グリクラジド(グリミクロン),グリメピリド(アマリール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……重症ケトーシス,糖尿病性昏睡または前昏睡,インスリン依存型(1型)糖尿病(若年型糖尿病,ブリットル型糖尿病など)/重い肝機能障害・腎機能障害/重症感染症,手術前後,重い外傷/下痢・嘔吐などの胃腸障害/本剤の成分またはスルフォンアミド系薬剤に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
[グリベンクラミドのみ]ボセンタン水和物の服用中
[トルブタミドのみ]急性ポルフィリン症
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害,腎機能障害/以下にあげる低血糖をおこすおそれのある状態または人:脳下垂体機能不全,副腎機能不全,栄養不良状態,飢餓状態,不規則な食事摂取,食事摂取量の不足,衰弱状態,激しい筋肉運動,過度のアルコール摂取,高齢者,小児/血糖降下作用を増強する薬剤との併用
(3)定期検査……本剤を服用中は,定期的に血糖,尿糖などの検査を受ける必要があります。
(4)低血糖対策……(1)服用すると,重くかつ長引く低血糖症をおこすことがあります。処方医から指示された低血糖症に関する対策をきちんと守ってください。特に,高所作業や自動車の運転などに従事している人は注意が必要です。(2)平素から,3~4個の袋入りの砂糖やアメを持ち歩き,低血糖症状を感じたら,すぐにその場でなめてください。なお,α-グルコシダーゼ阻害薬食後過血糖改善薬(アカルボース,ボグリボース,ミグリトール)を併用している人は必ずブドウ糖を用いてください。(3)低血糖はいったん回復したと思われる場合でも,数日間は再発することがあるので十分注意してください。
(5)低血糖症状……初期症状として脱力感,高度の空腹感,発汗など。引き続いて動悸,ふるえ,頭痛,知覚異常,不安,興奮,神経過敏,集中力低下,精神障害,意識障害,けいれんなどが現れます。
(6)心臓・血管系障害……スルフォニルウレア系薬剤(トルブタミド1日1.5g)を長期間継続服用した場合,食事療法単独の場合と比較して,心臓・血管系障害による死亡率が有意に高かったとの報告があります。
(7)危険作業に注意……本剤を服用すると,重篤で遷延性の低血糖症をおこすことがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(8)その他……
・授乳婦での安全性:[グリクラジド]服用するときは授乳を中止。[グリメピリド]原則として服用しない。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)低血糖症状。(2)無顆粒球症,溶血性貧血,汎血球減少,血小板減少。(3)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

オイグルコン - PC

PCB(3カ月以降はC)  説明(別ウィンドウ表示)

オイグルコンに効果効能が似た薬

オイグルコンが気になる人向けのコラム

足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に

素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけたいもの。普段はあまり気にしていないかもしれませんが、足の小指のつけねが痛い人は、もしかしたら内反小趾(ないはんしょうし)かもしれません。 外反拇趾に比べて知られていない内反... 続きを読む

豆ココアで脂肪分解をサポートダイエット!

豆ココア
「豆ココア」という飲み物を皆様はご存知でしょうか。

「豆ココア」とはその名の通り、豆乳とココアパウダーを混ぜた飲み物の事です。

「豆ココア」にはミネラルやアミノ酸を始めとした様々な栄養素が含まれており、これらの栄養... 続きを読む

一日一食ダイエットの効果とは?

一日一食
短期間で簡単に痩せようと思うと、運動だけでは難しくなりますが、一日一食ダイエットなら、簡単に痩せることが出来ます。
一日一食ダイエットのやり方は、とっても簡単。朝、昼は出来るだけ食事をしないか、軽くとるにとどめて、夜に好きな... 続きを読む

キムチには絶大なダイエット効果があります

キムチ
キムチダイエットとはただキムチを食べるだけのダイエット法です。その量や種類について決まりはありません。
キムチにはたくさん唐辛子が使われていて、カプサイシンという辛み成分があります。このカプサイシンには中枢神経を刺激し、副腎か... 続きを読む

ダイエットの効果が上がらないなら水毒解消を

水毒解消
真面目にダイエットをする人ほど陥りやすいのが、水毒です。お腹をいっぱいにして満腹感を得たり、デトックスのためにたくさん水を飲むように指示するダイエットが多いですが、水の摂りすぎは冷え性になってしまったり、むくみやすく、そのせ... 続きを読む