プロパジールの効能・用量・副作用など

プロパジールの基本情報

甲状腺機能が高まっているためにおこるバセドウ病の治療には,1950年頃から生体内でL-サイロキシンの生合成を阻止する薬剤が使用されています。この製剤の副作用としては,造血組織に対する障害が多いので,白血球数の減少に特に注意することが必要です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 甲状腺の薬>抗甲状腺製剤>プロピルチオウラシル
形状 錠剤
製造販売会社 中外
保険薬価 錠剤50mg 1錠 9.60円
同じ分類の薬 先発薬: メルカゾール  チウラジール   

プロパジールの効果・効能

甲状腺機能亢進症

プロパジールの用法・用量

初期量として1日300mgを3~4回に分けて服用。重症時には1日400~600mg。機能亢進症状がほぼ消失したら1~4週間ごとに徐々に減量し,維持量1日50~100mgを1~2回に分けて服用。小児・妊婦の場合は処方医の指示通りに服用。

プロパジールの使用上の注意と副作用

警告

[チアマゾール]重い無顆粒球症が,主に服用開始後2カ月以内に発現し,死亡に至った例も報告されています。少なくとも服用開始後2カ月間は原則として2週に1回の定期的な血液検査を行い,無顆粒球症の症状(咽頭痛,発熱など)が現れた場合には速やかに処方医に連絡してください。

基本的注意

*チアマゾール(メルカゾール),プロピルチオウラシル(チウラジール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[プロピルチオウラシルのみ]本剤の服用後,肝機能が悪化した人
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害/中等度以上の白血球減少または他の血液障害
(3)定期検査……(1)妊娠している人が服用すると,胎児・新生児に甲状腺の障害などがおこることがあります。妊婦または妊娠している可能性のある人は,定期的に甲状腺機能検査を受ける必要があります。(2)[チアマゾール]服用開始後2カ月間は,原則として2週に1回,それ以降も定期的に白血球分画を含めた血液の検査を受ける必要があります。(3)[プロピルチオウラシル]定期的に肝機能検査も受ける必要があります。
(4)その他……
[チアマゾール]
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(2)抗好中球細胞質抗体(ANCA)陽性血管炎症候群(急速進行性腎炎症候群,肺出血など)。(3)汎血球減少,再生不良性貧血,無顆粒球症,白血球減少。(4)低プロトロンビン血症,第Ⅶ因子欠乏症,血小板減少,血小板減少性紫斑病。(5)肝機能障害,黄疸。(6)SLE(全身性エリテマトーデス)様症状。
[チアマゾールのみ](7)インスリン自己免疫症候群(低血糖など)。(8)横紋筋(おうもんきん)融解症。(9)多発性・移動性関節炎。
[プロピルチオウラシルのみ](10)アナフィラキシー(かゆみ,発疹,顔面浮腫,呼吸困難など)。(11)薬剤性過敏症症候群(発疹,発熱,リンパ節腫脹など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

プロパジール - PC

PCD  説明(別ウィンドウ表示)

プロパジールが気になる人向けのコラム

若い女性に多いバセドウ病の症状、原因、治療法

バセドウ病の症状とは
バセドウ病という病気を聞いたことがありますか?実は若い女性に多く発症する病気で、男性の3〜5倍の発症率だと言われています。

症状としては、甲状腺が腫れて大きくなることで、首が太くなったように見えます。また、脈... 続きを読む

女性に多い甲状腺の病気-健康診断で検査項目にいれるべき?

歌手の絢香さんが治療のため一時活動を止めたことなど話題に上ることが多い甲状腺の病気ですが、この病気にかかる頻度は高く、特に女性に多くみられます。ただし甲状腺の検査は一般的な健康診断の項目ではなく、人間ドックでも多くはオプションです。
... 続きを読む

緊張してなくても手のひらに汗、、、それってもしかして病気かも?

夏は汗をかきやすい季節。外出にはハンカチが手放せなくなりますね。汗には、体内の熱を放出して、体温を一定に保ってくれる働きがあります。
ところが、通常では発汗しないとされている状態で、大量に汗をかいてしまう病気があり、多汗症と呼ばれています... 続きを読む

女性の更年期は体の転換期-食事・運動・リフレッシュが重要

3月1日から8日は「女性の健康週間」です。そこで、女性にとって体の「転換期」とも言える更年期の健康について考えてみましょう。更年期の健康と言っても、当然それ以前の健康状態や生活習慣などが大きく影響しますから、更年期について知っておくことは... 続きを読む

乱れがちな生活のリズム-体内時計を整える5つのテクニック

私たちの体には、意識しなくてもきまった周期で体の働きを変動させる「生体リズム」が備わっています。たとえば夜暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める24時間周期の睡眠・覚醒のリズム、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期でくり返す睡眠のリズム... 続きを読む