ポララミンの効能・用量・副作用など

ポララミンの基本情報

アレルギーや炎症などを引きおこすヒスタミンの作用を抑える薬です。ヒスタミンの受容体には現在,H₁からH₄の4種類が知られています。この章で述べる抗ヒスタミン薬はH₁受容体の作用を抑えて効果を発揮します。
抗ヒスタミン薬は,第一世代と第二世代(1983年以降に発売されたもの)に分類され,本剤は第一世代です。
なお,クロルフェニラミンマレイン酸塩配合剤には,アセトアミノフェンアセトアミノフェンやサリチルアミドなどが入っているため,他の製剤とは「服用してはいけない場合」や「重大な副作用」などが大幅に異なります。また「警告」もあるで,服用する場合は十分に注意してください。
ジフェンヒドラミン塩酸塩は1945年に開発された最も基本的な抗ヒスタミン薬で,各国の薬局方に収載されています。しかし,新しい抗ヒスタミン薬が多く開発され,眠けの副作用が出やすいジフェンヒドラミンが実際に処方されることはそれほど多くありません。逆に,その副作用に注目して,OTC薬の睡眠改善薬(ドリエルなど)として発売されています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 皮膚科の薬(アレルギー用薬を含む)>クロルフェニラミンマレイン酸塩ほか>クロルフェニラミンマレイン酸塩d体
形状 散剤
製造販売会社 MSD
保険薬価 散剤1% 1g 13.30円
錠剤2mg 1錠 5.60円
シロップ剤0.04% 10mL 19.20円
同じ分類の薬 先発薬: ヒスタール  ベネン  小児用ペレックス配合顆粒  クロダミンシロップ    ジェネリック薬: ネオマレルミンTR 

ポララミンの効果・効能

[クロルフェニラミンマレイン酸塩(dl体,d体),トリプロリジン塩酸塩水和物の適応症]じん麻疹,皮膚疾患に伴うかゆみ(湿疹・皮膚炎,皮膚掻痒症,薬疹など),アレルギー性鼻炎,血管運動性鼻炎,枯草熱,血管運動性浮腫,感冒など上気道炎に伴うくしゃみ・鼻汁・せきなど/(トリプロリジン塩酸塩水和物のみ)急性中耳カタルに伴う耳閉塞感
[クロルフェニラミンマレイン酸塩配合剤の適応症]感冒もしくは上気道炎に伴う以下の症状の改善・緩和→鼻汁,鼻閉,咽・喉頭痛,せき,痰,頭痛,関節痛,筋肉痛,発熱
[ジフェンヒドラミン塩酸塩の適応症]じん麻疹,皮膚疾患に伴うかゆみ(湿疹・皮膚炎),春季カタルに伴うかゆみ,枯草熱,急性鼻炎,アレルギー性鼻炎,血管運動性鼻炎

ポララミンの用法・用量

1回2mg(散剤0.2g,シロップ5mL,ドライシロップ1g)を1日1~4回。徐放錠の場合は,1回6mgを1日2回。

ポララミンの使用上の注意と副作用

警告

[クロルフェニラミンマレイン酸塩配合剤]
(1)本剤中のアセトアミノフェンにより重い肝機能障害が現れるおそれがあるので十分に注意してください。
(2)本剤とアセトアミノフェンを含む他の薬剤(一般用医薬品を含む)を併用すると,アセトアミノフェンの過量服用による重い肝機能障害が発現するおそれがあるので,これらの薬剤を併用してはいけません。

基本的注意

*クロルフェニラミンマレイン酸塩d体(ポララミン),クロルフェニラミンマレイン酸塩配合剤(ペレックス配合顆粒),ジフェンヒドラミン塩酸塩(レスタミンコーワ)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……[クロルフェニラミンマレイン酸塩d体]本剤の成分または類似化合物に対するアレルギーの前歴/緑内障/前立腺肥大など下部尿路の閉塞性疾患/低出生体重児,新生児
[クロルフェニラミンマレイン酸塩配合剤]本剤の成分またはサリチル酸系製剤(アスピリンアスピリンなど)に対するアレルギーの前歴/消化性潰瘍/アスピリンせんそく(非ステロイド系解熱鎮痛薬などによるぜんそく発作の誘発)またはその前歴/緑内障/前立腺肥大など下部尿路の閉塞性疾患/重い肝機能障害
[ジフェンヒドラミン塩酸塩]緑内障/前立腺肥大など下部尿路の閉塞性疾患
(2)慎重に服用すべき場合……[クロルフェニラミンマレイン酸塩d体]眼内圧亢進のある人/甲状腺機能亢進症/狭窄性消化性潰瘍,幽門十二指腸通過障害/循環器系疾患/高血圧症
[クロルフェニラミンマレイン酸塩配合剤]肝機能障害/腎機能障害/出血傾向/気管支ぜんそく/アルコール多量常飲者/絶食・低栄養状態・摂食障害などによるグルタチオン欠乏,脱水症状がある人
(3)小児とライ症候群……[クロルフェニラミンマレイン酸塩配合剤]サリチル酸系製剤とライ症候群との関連性を示す疫学調査報告があります。ライ症候群とは,水痘(水ぼうそう)やインフルエンザなどのウイルス感染症にかかっている小児にまれに発症する致死率の高い病気です。そのため,本剤は原則として15歳未満の水痘,インフルエンザにかかっている小児は服用してはいけません。治療上やむを得ず服用する場合は状態に注意し,激しい嘔吐,意識障害,けいれん(急性脳浮腫)などが現れたら,直ちに処方医に連絡してください。
(4)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠けを催すおそれがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(5)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。/[ジフェンヒドラミン塩酸塩]原則として服用しない。
・授乳婦での安全性:[クロルフェニラミンマレイン酸塩配合剤]長期連用は避ける。/[ジフェンヒドラミン塩酸塩]原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[ジフェンヒドラミン塩酸塩を除く](1)ショック,アナフィラキシー様症状(チアノーゼ,呼吸困難,胸内苦悶,全身潮紅,じん麻疹,血圧低下など)。(2)再生不良性貧血,無顆粒球症。
[クロルフェニラミンマレイン酸塩d体のみ](3)けいれん,錯乱。
[クロルフェニラミンマレイン酸塩配合剤のみ](4)中毒性表皮壊死融解症(TEN),皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),急性汎発性発疹性膿疱症,剥脱(はくだつ)性皮膚炎。(5)ぜんそく発作の誘発。(6)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(7)劇症肝炎,肝機能障害,黄疸。(8)間質性腎炎,急性腎不全。(9)横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ポララミン - PC

PCB  説明(別ウィンドウ表示)

ポララミンが気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

うつ病は抗うつ剤を飲まずに完治できる? 抗うつ剤の副作用-うつに効く漢方

以前より治療法が増えてきているうつ病ですが、治療の中心となるのは、薬物療法。抗うつ剤を用いた治療が多く行われています。軽い症状の場合は、漢方が有効に働くことも。この代表的な2つの治療薬についてまとめました。 薬で不足した脳内神経伝達物... 続きを読む

【危険な喉の痛み】こんな症状があったら即病院へ!

ウイルスや菌が原因の炎症
急に喉が痛くなり、身体のだるさや発熱などを伴う場合は、ウイルスや細菌の感染が考えられます。


急性咽頭炎は、アデノウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルス感染や、A群β溶血性連鎖球菌(ベータようけつ... 続きを読む

意外と身近なてんかん(癲癇)とはどんな病気

てんかん(癲癇)てどんな病気
てんかんとは、突然意識を失い痙攣を引き起こす怖い病気であると誤解されることの多いてんかん(癲癇)ですが、その症状や程度は人によりさまざまで、必ずしも痙攣や意識消失を伴うわけではありません。


現在、... 続きを読む

子どもが風邪から中耳炎を発症しやすい理由-急性中耳炎の対処法

「ひな祭り」の3月3日は、「耳の日」でもあります。耳の健康障害でポピュラーな「中耳炎」は、乳幼児がかかりやすい病気です。細菌やウイルスが鼓膜(こまく)の内側の中耳に侵入して炎症を起こしますが、かぜに引き続いて起こることがよくあります。夜中... 続きを読む