パルファードの効能・用量・副作用など

パルファードの基本情報

クロルフェニラミンマレイン酸塩クロルフェニラミンマレイン酸塩ほかと同様に第一世代の抗ヒスタミン薬です。
この薬剤は抗ヒスタミン作用のほかに,かゆみなどをおこす化学伝達物質のセロトニンを抑える作用もあるといわれています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 皮膚科の薬(アレルギー用薬を含む)>ホモクロルシクリジン塩酸塩>ホモクロルシクリジン塩酸塩
形状 錠剤
製造販売会社 イセイ
保険薬価 錠剤10mg 1錠 5.40円
同じ分類の薬 先発薬: ホモクロミン    ジェネリック薬: ヒスタリジン  ベラホルテン  ホモクリシン  ホモクロルシクリジン塩酸塩 

パルファードの効果・効能

皮膚疾患に伴うかゆみ(湿疹,皮膚炎,皮膚掻痒症,薬疹,中毒疹,小児ストロフルス),じん麻疹,アレルギー性鼻炎

パルファードの用法・用量

1回10~20mgを1日3回。

パルファードの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ホモクロルシクリジン塩酸塩(ホモクロミン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……緑内障/前立腺肥大など下部尿路の閉塞性疾患
(2)動物実験……血液像,肝臓などに異常が認められたとの報告があります。長期または大量服用は避けてください。
(3)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠けを催すおそれがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(4)保存法……光や高温・湿気により変色することがあるので,湿気を避け,光をさえぎって保存します。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。原則として服用しない。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

パルファードが気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

わたしは入れる?甲状性疾患の場合

バセドウ病の治療期間と治療費
バセドウ病は投薬治療を中心に行い、状態に合わせてアイソトープ治療や手術が行われます。治療は健康保険の対象となり、投薬治療であればそれほど高額になることはないでしょう。しかしアイソトープ治療や手術を行う場合は... 続きを読む

妊活前に知っておきたい化学的流産

流産と化学的流産は違う

流産とは、胎児が胎外で生存不可能な時期の分娩と定義されています。実際には妊娠22週未満の分娩をいい、このうちほとんどの自然流産は、前半の妊娠12週までに起こる初期流産です。
流産 - goo ヘルスケア
... 続きを読む

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む