ザルティアの効能・用量・副作用など

ザルティアの基本情報

タダラフィルは,これまでに勃起不全治療薬(シアリスシルデナフィルクエン酸塩ほか),肺動脈性肺高血圧症治療薬(アドシルカ肺動脈性肺高血圧症治療薬(3))として販売されていますが,前立腺肥大症に伴う排尿障害に対しても有効であることがわかり,2014年1月,新たに「前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬」として承認されました。
ザルティアは「前立腺肥大症に伴う排尿障害」に用いた場合のみ,健康保険の適応となり,勃起不全に対して用いる場合はシアリスと同様に保険適応外となります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 泌尿器科の薬>ホスホジエステラーゼ5阻害薬>タダラフィル
形状 錠剤
製造販売会社 イーライリリー=日本新薬
保険薬価 錠剤2.5mg 1錠 118.30円
錠剤5mg 1錠 230.60円

ザルティアの効果・効能

前立腺肥大症に伴う排尿障害

ザルティアの用法・用量

1日1回2.5~5mg。

ザルティアの使用上の注意と副作用

警告

(1)本剤と硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン亜硝酸誘導体,亜硝酸アミル,硝酸イソソルビド亜硝酸誘導体など) との併用により降圧作用が増強し,過度に血圧を下降させることがあります。本剤服用の前には,硝酸剤・一酸化窒素供与剤を服用していないことを十分確認し,服用中および服用後も硝酸剤・一酸化窒素供与剤を服用しないように十分注意してください。
(2)服用によって死亡例を含む心筋梗塞などの重篤な心血管系などの有害事象が報告されているので,事前に心血管系障害の有無などを十分確認することが必要です。

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン亜硝酸誘導体,亜硝酸アミル,硝酸イソソルビド亜硝酸誘導体など)の服用中/不安定狭心症/心不全(NYHA分類Ⅲ度以上)/コントロール不良の不整脈,低血圧(血圧<90/50mmHg)またはコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)/心筋梗塞の前歴が最近3カ月以内にある人/脳梗塞・脳出血の前歴が最近6カ月以内にある人/重度の腎機能障害/重度の肝機能障害
(2)慎重に服用すべき場合……交感神経アルファ遮断薬交感神経アルファ遮断薬(ドキサゾシン,テラゾシンなど)の服用中/軽度・中等度の腎機能障害/軽度・中等度の肝機能障害/ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害薬肺動脈性肺高血圧症治療薬(3)シルデナフィルクエン酸塩ほか(シルデナフィルクエン酸塩,タダラフィル,バルデナフィル塩酸塩水和物)の服用中/陰茎の構造上の欠陥(屈曲,陰茎の線維化,ペイロニー病など)/持続勃起症の素因となり得る疾患(鎌状赤血球性貧血,多発性骨髄腫,白血病など)/出血性疾患または消化性潰瘍/網膜色素変性症/高齢者
(3)持続勃起……本剤を服用すると,4時間以上の勃起の延長または持続勃起(6時間以上持続する痛みを伴う勃起)がごくまれにおこると外国で報告されています。持続勃起に対する処置を速やかに行わないと陰茎組織を損傷したり勃起機能を永続的に損なうことがあるので,勃起が4時間以上持続する症状がみられたら直ちに処方医に連絡してください。
(4)視力・聴力障害……本剤の服用後に,急激な視力の低下・喪失,急激な聴力の低下・突発性難聴(耳鳴り,めまいを伴うことがある)が現れることがあります。異常を感じたら速やかに眼科・耳鼻科専門医の診察を受けてください。
(5)グレープフルーツジュース……グレープフルーツジュースは本剤の作用を強めるので,本剤の服用中は飲まないようにしてください。
(6)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまいや視覚障害をおこすことがあります。高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事している人は十分に注意してください。

副作用の注意
重大な副作用

(1)過敏症(発疹,じん麻疹,顔面浮腫,剥脱(はくだつ)性皮膚炎,スティブンス-ジョンソン症候群など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ザルティア - PC

PCB  説明(別ウィンドウ表示)

ザルティアが気になる人向けのコラム

画期的!婦人科検診が恥ずかしくなくなる「検査用パンツ」

子宮頸がんは乳がんと並んで、早期発見すれば治癒できる病気です。にもかかわらず、日本の子宮頸がん検診率は38%弱と、米国の85%などと比べるととても低く、2013年には約2700人が死亡しています。 子宮頸がん検診などの婦人科検査はショ... 続きを読む

性行為の経験がある人は子宮頸がん検診を受けて! 婦人科検診で見つかる病気

婦人科検診を受けたことはありますか?
「何をするか不安」「恥ずかしい」など、最初は抵抗を感じる人も多いでしょう。でも、たとえ気になる症状がなかったとしても、20代から婦人科検診を受けることは大切だといいます。ともこレディースクリニック表... 続きを読む

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む

ココアダイエットで便秘を解消!

ココア
ダイエットというと、極端な食事制限や絶食をしたり、きつい運動を無理に行って痩せようとする人が時折見受けられます。

しかしこれらの極端な食事制限やきつい運動を行うダイエットは身体に多大な負担を与えるばかりではなく、胃腸の調子... 続きを読む

医者が教える「ダメな医者を見分ける9つのポイント」


お医者様のお言葉にハイハイと素直にうなずき、お薬をもらって帰る。そんな“聞きわけのいい患者”でいると、病気がいつまでも治らないかもしれません。 「患者さんの不満でよく聞くのは“医者が一度も自分の顔を見てくれなかった”という話。コミュニ... 続きを読む