ベタニスの効能・用量・副作用など

ベタニスの基本情報

酒石酸トルテロジン過活動膀胱治療薬(1)などと同様に過活動膀胱を改善する薬剤です。本剤は膀胱平滑筋のβ₃アドレナリン受容体を刺激し,膀胱を弛緩させることで蓄尿機能を高め,尿意切迫感や頻尿,尿失禁を改善します。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 泌尿器科の薬>過活動膀胱治療薬(2)>ミラベグロン
形状 錠剤
製造販売会社 アステラス
保険薬価 錠剤25mg 1錠 116.20円
錠剤50mg 1錠 195.20円

ベタニスの効果・効能

過活動膀胱における尿意切迫感,頻尿および切迫性尿失禁

ベタニスの用法・用量

1日1回50mg。中等度の肝機能障害・重度の腎機能障害がある場合は1日1回25mgから開始。

ベタニスの使用上の注意と副作用

警告

 生殖可能な年齢の人は,本剤の服用をできるかぎり避けること。動物実験(ラット)で,精のう・前立腺・子宮の重量低値あるいは萎縮などの生殖器系への影響が認められ,高用量では発情休止期の延長,黄体数の減少に伴う着床数および生存胎児数の減少が認められています。

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い心疾患/重い肝機能障害/抗不整脈薬のフレカイニド酢酸塩フレカイニド酢酸塩あるいはプロパフェノン塩酸塩プロパフェノン塩酸塩の服用中/妊婦または妊娠している可能性のある人/授乳婦
(2)慎重に服用すべき場合……クラスⅠa(プロカインアミド塩酸塩プロカインアミド塩酸塩,キニジン硫酸塩水和物キニジン硫酸塩水和物など)またはクラスⅢ(アミオダロン塩酸塩アミオダロン塩酸塩,ソタロール塩酸塩ベーター・ブロッカー(適応症に不整脈を含むもの)など)の抗不整脈薬を服用中/重度の徐脈などの不整脈,急性心筋虚血などの不整脈をおこしやすい人/低カリウム血症/肝機能障害(重度を除く)/腎機能障害/緑内障/高齢者
(3)服用方法……本剤は徐放性製剤であるため,割ったり,砕いたり,すりつぶしたりして服用すると,本剤の徐放性が失われるおそれがあるので,そのままかまずに服用してください。
(4)定期検査……(1)QT延長または不整脈の前歴がある人,抗不整脈薬のクラスⅠa・クラスⅢなどのQT延長をおこすことが知られている薬剤を本剤と併用している人,QT延長をおこすリスクが高いと考えられる人は,定期的に心電図検査を行います。(2)緑内障の人が本剤を服用する場合には,定期的な眼科的診察を行います。
(5)併用を避ける薬剤……現時点では,過活動膀胱の適応がある抗コリン薬過活動膀胱治療薬(1),およびステロイド合成・代謝系への作用がある5α還元酵素阻害薬5α還元酵素阻害薬と併用した際の安全性や効果が確認されていないため,本剤との併用は避けることが望ましいとされています。
(6)その他……
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)尿閉。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ベタニスに効果効能が似た薬

ベタニスが気になる人向けのコラム

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」など... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」

「最近、トイレが近いなあ……」ふと、そう感じることはないですか?
「トイレが近い(頻尿)」「尿意を感じたとたん、我慢できなくなる(尿意の切迫感)」など、排尿に関するトラブルを抱えている人は、ずいぶん多くみられます。
しかし、人前で口にす... 続きを読む

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む

膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎

膀胱(ぼうこう)は尿をためておく“袋”です。恥骨(ちこつ)の後ろに位置し、その後ろ側は男性では直腸、女性では子宮と腟(ちつ)に接しています。袋の中の一番内側は粘膜層で、それを平滑筋(へいかつきん)という筋肉の層が覆っています。
腎臓で... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む