イソメニールの効能・用量・副作用など

イソメニールの基本情報

交感神経を刺激して末梢血管を拡張することにより,効果を発揮すると考えられています。特殊な徐放コーティング(徐々に溶けるような工夫)をしてあるので,服用時に噛まないように注意してください。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 めまい・吐き気止めの薬>イソプレナリン塩酸塩>イソプレナリン塩酸塩
形状 カプセル剤
製造販売会社 科研
保険薬価 カプセル剤7.5mg 1カプセル 11.90円
同じ分類の薬 先発薬: プロタノールS   

イソメニールの効果・効能

内耳障害にもとづくめまい

イソメニールの用法・用量

1回7.5~15mgを1日3回。

イソメニールの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……重い冠動脈疾患/頭部・頸部の外傷直後/カテコールアミン製剤(アドレナリンなど)・エフェドリン塩酸塩・dl-メチルエフェドリンの服用中
(2)慎重に服用すべき場合……甲状腺機能亢進症/糖尿病/高血圧症/心疾患
(3)服用法……本剤は徐放製剤なので,カプセル中の顆粒をかまずに服用してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)重い血清カリウムの低下(特に,ぜんそくの人が服用するキサンチン系薬剤テオフィリンやステロイド薬副腎皮質ステロイド薬,利尿薬との併用でおこりやすい)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

イソメニール - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

イソメニールが気になる人向けのコラム

GENKINGや今井翼が患った「メニエール病」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

めまいといえばメニエール病といわれるほど有名ですが、実際にはそれほど多い病気ではありません。メニエール病は内耳の病気で、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。一般に、片側の内耳の障害ですが、時には両側とも障害されることもあります。 メ... 続きを読む

悪性のめまいを見分ける方法とその予防法

脳の血行不良からめまいが起こる
耳石器や三半規管が原因の耳からくるめまいでなく、脳の血流が悪くなり血管がつまり、めまいを起こします。耳は脳幹や小脳から情報を受け取る命令を出しています。脳に影響が出て耳が情報を受け取るバランスが保てなくな... 続きを読む

耳の構造と隠れた役割とは? 音をキャッチする仕組み|耳の病気

来月3月3日は「耳の日」。普段はあまり気にも留めていない耳のことを、1年に1度くらいはちょっと意識してみてはいかがでしょう。まずはその構造。耳は目に見える部分からその先の奥のほうまでを、外耳、中耳、内耳と3つの区域に分けられます。
外... 続きを読む

急に耳が聞こえなくなる難病-突発性難聴は早めの治療が大事

昨日まで健康には何の不安もなかったのに、朝起きたら片方の耳が詰まった感じであまり聞こえなくなっていた……。こんなふうに、全く突然に耳が聞こえなくなるのが突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)。昨秋、シンガー・ソングライターのスガシカオさんが... 続きを読む

めまいの原因が症状でわかる-脳の病気の危険性もあるめまい

あるとき突然起こるめまい。くり返し起きたり長く続くようなら、何かの病気が原因かもしれません。なかには命にかかわる重大な病気の場合もありますから、めまいが起こる背景について知っておくことは大切です。
めまいの症状にはいくつかのタイプがあ... 続きを読む