ホスリボン配合顆粒の効能・用量・副作用など

ホスリボン配合顆粒の基本情報

本剤は,血液中で低下しているリンの濃度を高める薬剤です。低リン血症が慢性化すると骨の石灰化障害がおこり,骨の変形や低身長,著明な骨痛や筋力低下,偽骨折といった症状を示す「くる病・骨軟化症」を発症します。本剤は,原発性低リン血症性くる病・骨軟化症,ファンコニー症候群,腫瘍性骨軟化症,未熟児くる病などの低リン血症の人に用いられます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 特殊な血液障害の薬>低リン血症治療薬>リン酸2水素ナトリウム1水和物・無水リン酸水素2ナトリウム配合剤
形状 顆粒剤
製造販売会社 ゼリア
保険薬価 顆粒剤100mg 1包 70.70円

ホスリボン配合顆粒の効果・効能

低リン血症

ホスリボン配合顆粒の用法・用量

1日,体重1kgあたり20~40mgを数回に分けて服用。1日最大3,000mg。

ホスリボン配合顆粒の使用上の注意と副作用

警告

本剤と同一成分である腸管洗浄剤のビジクリア配合錠大腸内視鏡前処置薬で,急性腎不全,急性リン酸腎症(腎石灰沈着症)が報告されているので注意してください。特に重度の腎機能障害がある人の場合は,くる病・骨軟化症の治療に十分な知識をもつ医師のもとで服用しなければなりません。

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……腎機能障害/副甲状腺機能亢進症/ナトリウム摂取制限を必要とする人
(3)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ホスリボン配合顆粒に効果効能が似た薬

ホスリボン配合顆粒が気になる人向けのコラム

素敵なスタイルは骨からつくられる-カルシウムの正しい取り方

身体を支えているのは骨。いつまでも素敵なプロポーションで健康美人でいるためには、骨の健康を維持することが大切です。
とくに、女性は骨粗しょう症になりやすいといわれています。骨粗しょう症とは骨からカルシウムが溶け出し、骨がスカスカになって... 続きを読む

骨粗しょう症の予防のために摂りたい栄養-控えた方が良い食べ物

骨粗しょう症の予防は、まず1日3回の規則正しい食事から、骨の材料となるカルシウムをたっぷりとること。一般的に日本人はカルシウム摂取量が不足しがちなので、意識してとるようにしましょう。カルシウムの豊富な食品は乳製品や大豆製品、骨ごと食べられ... 続きを読む

赤ちゃんのむし歯予防は妊娠中から? むし歯をうつさない生活とは

もしもむし歯に悩んだことのある女性なら、自分に赤ちゃんが生まれたら丈夫な歯で育つように気をつけてあげよう、と考えるかもしれませんね。赤ちゃんのうちから歯の健康を考えてあげることは、その子の一生にとって大きな贈り物になるにちがいありません。... 続きを読む

口臭や歯のくすみ大丈夫? 加齢とともに口内環境は悪化する

「平成17年歯科疾患実態調査」(厚生労働省:6年ごとに行っている調査)によると、1日の歯みがき回数は調査ごとに増加し、口の中の健康に対する意識が高まっていることがうかがえます。
一方、別の調査では、毎日歯みがきしているのに、口の中のネ... 続きを読む

女性に多い大腸がん-初期症状と診断の仕方・治療のいろいろ

大腸がんはがんの中では比較的治しやすい部類に入るがん。初期の頃に発見し、手術を受けると、100%近く完治が可能です。そのため、早期発見が重要。次のような症状があったら、医師の診察を受けましょう。 血便・下血
血便と下血は、大腸がんの代... 続きを読む