ミコフェノール酸モフェチルの効能・用量・副作用など

ミコフェノール酸モフェチルの基本情報

本剤は,米国で合成されたミコフェノール酸誘導体であり,消化管粘膜,肝臓,血液で加水分解されてミコフェノール酸となり活性を示します。ミコフェノール酸は,ペニシリウム属の発酵生成物の一つであり,抗腫瘍作用,抗乾癬作用などについて研究されていましたが,その後,強い免疫抑制作用があることが明らかとなり,1999年7月にオーファンドラッグ(希少疾病用薬)に指定されました。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 免疫抑制薬>ミコフェノール酸モフェチル>ミコフェノール酸モフェチル
形状 カプセル剤
製造販売会社 マイラン=ファイザー
保険薬価 カプセル剤250mg 1カプセル 184.00円
同じ分類の薬 先発薬: セルセプト    ジェネリック薬: ミコフェノール酸モフェチル 

ミコフェノール酸モフェチルの効果・効能

腎移植後の難治性拒絶反応の治療(他の治療薬が無効または副作用などのため投与できず,難治性拒絶反応と診断された場合)/心移植・肝移植・腎移植・膵移植・肺移植における拒絶反応の抑制

ミコフェノール酸モフェチルの用法・用量

処方医の指示通りに服用。

ミコフェノール酸モフェチルの使用上の注意と副作用

警告

 臓器移植を受ける人は,免疫抑制療法および移植者の管理に精通している医師の指導のもとで服用しなければなりません。

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……妊娠する可能性のある人
(3)慎重に服用すべき場合……重い消化器系疾患/重度の慢性腎不全/腎移植後の臓器機能再開が遅れている人
(4)定期検査……服用中は,定期的に血液や腎機能などの検査を受ける必要があります。
(5)避妊……本剤は,動物実験で催奇形性が報告されています。妊娠する可能性のある人は原則禁忌ですが,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ処方されることがあります。やむを得ず服用する場合は,服用中・服用中止後6週間は避妊してください。
(6)動物実験……げっ歯類による小核試験などで,染色体異常誘発性が認められたとの報告があります。
(7)皮膚がん……免疫抑制薬の治療を受けた人では,本剤の服用で悪性腫瘍(特に皮膚がんなど)の発生率が高くなるとの報告があります。服用中は,UVカット素材の衣類の着用やサンスクリーンを使用し,直射日光を避けてください。
(8)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)感染症(サイトメガロウイルス・アスペルギルス・カンジダ・ムコール・黄色ブドウ球菌などの日和見(ひよりみ)感染,肺炎,敗血症,帯状疱疹,気管支炎,肺炎,髄膜炎,食道炎,腸炎など)。(2)汎血球減少,好中球減少,無顆粒球症,白血球減少,血小板減少,貧血,赤芽球癆(ろう)。(3)悪性リンパ腫,リンパ増殖性疾患,悪性腫瘍(特に皮膚)。(4)消化管の潰瘍・出血・穿孔(せんこう),腸閉塞。(5)アシドーシス,低酸素症,糖尿病,脱水症。(6)脳梗塞,網膜静脈血栓症,動脈血栓症。(7)腎不全,腎尿細管壊死,水腎症,腎機能障害。(8)心不全,狭心症,心停止,不整脈(期外収縮,心房細動,上室性・心室性頻脈など),肺高血圧症,心のう液貯留。(9)肝機能障害,黄疸。(10)肺水腫,無呼吸,気胸。(11)けいれん,錯乱,幻覚,精神病。(12)アレルギー反応,難聴。(13)ひどい下痢。(14)進行性多巣性白質脳症(意識障害,認知障害,麻痺症状(片麻痺,四肢麻痺),言語障害など)。(15)BKウイルス腎症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ミコフェノール酸モフェチル - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

ミコフェノール酸モフェチルに効果効能が似た薬

ミコフェノール酸モフェチルが気になる人向けのコラム

漢方薬にもある副作用-薬の副作用が起きるしくみについて

副作用がゼロの薬はない、漢方薬も例外ではないことを知って。 薬本来の目的以外の好ましくない働きが副作用。副作用が起こる仕組みと、起きた場合の対処法について解説します。 漢方薬だからといって、副作用がゼロではない 病気を治したり、症状... 続きを読む

イケメンを襲う肺気胸とは

イケメンの病気という噂は本当か
肺気胸はイケメン病とも呼ばれるほど、かっこいい人がなりやすい傾向があるらしいのです。


2007年11月1日、左自然気胸(肺気胸)のため約10日間の安静と通院を診断され加療
佐藤健 (俳優)とは... 続きを読む

生理日が変えられるピル-生理痛の緩和や避妊にも、けど副作用も

生理不順や生理痛に苦しむ女性の強い味方として、使う人も増えている「低用量ピル」。生理痛がある場合は保険適用になります。低用量ピルが生理をコントロールするメカニズムや、上手な利用の仕方についてご紹介します。 低用量ピルの成分とはたらき ... 続きを読む

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む

膵臓の悪性腫瘍「膵神経内分泌腫瘍」-6つの自覚症状とは

「膵神経内分泌腫瘍」も「神経内分泌腫瘍」も、いずれもなじみのない言葉かも知れません。
「2011年10月に56歳の若さで亡くなった、元アップル(Apple)社CEOのスティーブ・ジョブズさんの死因は、膵臓がんだったという報道もありました... 続きを読む