デソパンの効能・用量・副作用など

デソパンの基本情報

副腎皮質ホルモンのアルドステロンの分泌過剰でおこるのがアルドステロン症,コルチゾールの分泌過剰でおこるのがクッシング症候群です。
トリロスタンは,これらのホルモンの生合成過程を阻害して,高血圧などの症状を改善します。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の薬>トリロスタン>トリロスタン
形状 錠剤
製造販売会社 持田
保険薬価 錠剤60mg 1錠 642.90円

デソパンの効果・効能

特発性アルドステロン症,手術適応とならない原発性アルドステロン症やクッシング症候群におけるアルドステロン,コルチゾール分泌過剰状態ならびにそれに伴う諸症状の改善

デソパンの用法・用量

1日240mgを3~4回に分けて服用,維持量1日240~480mg。

デソパンの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……重い腎機能障害・肝機能障害/副腎皮質機能の低下/副腎皮質機能抑制薬の服用中
(3)その他……
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

デソパンが気になる人向けのコラム

健康維持と老化防止のためにこれだけはしておきたい5つのこと

“体が錆びる”という言葉を聞いたことはありませんか? これは体が老化していることを指し、実年齢より老けて見えたり、不定愁訴などの症状があらわれます。そして、原因を作っているのが「活性酸素」です。
活性酸素は、呼吸で酸素を取り入れて二酸... 続きを読む

若返りホルモン「DHEA」って知ってる? 副腎の抗酸化力とは

近年、“若返りのホルモン”ともいわれている「DHEA」が注目されています。
アンチエイジング最先端のアメリカでは、昔から「体内年齢の指標となるホルモン」として重視されてきた一方、日本では「DHA(ドコサヘキサエン酸)」と勘違いされるほ... 続きを読む

介護状態になるといくらかかる?

毎月4万円弱のケース
とある御夫婦のケースでは、在宅介護の初期費用(自宅を会議用に改装する費用)として約2万円かかり、在宅サービスの利用料として毎月の自己負担が4万円弱掛かるようになります。介護保険の規定する自己負担の1割だけでも自己負... 続きを読む

冷え症を解決するには筋トレが一番? 筋トレとストレッチで血流UP

冬が近づき寒くなり始めると、あちらこちらで聞かれる「冷え性」の話題。男性に比べて、圧倒的に女性のほうが冷え性の悩みを抱えている傾向にありますが、それは筋肉量と脂肪量が関わっています。
筋肉量が高いと基礎代謝がアップし体温も上がります。... 続きを読む

健康診断の心電図で何がわかるの? ジグザグの波形が示す心臓の状態

心電図は不整脈や心筋梗塞などの診断に役立ち、異常の場所の特定にも役立ちます。心筋細胞の収縮による電気を皮膚の上から記録。ただし全ての心臓の異常がわかるわけではないことにも注意。 心臓細胞が発する電気によって心拍のリズムや心筋の異常がわか... 続きを読む