オラペネム小児用細粒の効能・用量・副作用など

オラペネム小児用細粒の基本情報

世界初の経口カルバペネム系抗菌薬です。小児の肺炎や急性中耳炎,急性副鼻腔炎は,肺炎球菌やインフルエンザ菌が主な起炎菌であり,今まではペニシリン系グラム陽性菌用ペニシリン広域感性ペニシリングラム陰性桿菌用ペニシリン,セフェム系セフェム系抗生物質,マクロライド系マクロライドといった経口抗菌薬が使用されていました。
しかし,これらの抗菌薬は耐性菌の増加のため,効きめが悪くなってきました。本剤は,小児感染症で問題になっている耐性菌にも有効性が確認されています。本剤の使用に際しては,他の抗菌薬による治療効果が期待できないときに限り使用することとなっています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の広域感性抗生物質>テビペネム ピボキシル>テビペネム ピボキシル
形状 細粒剤
製造販売会社 MeijiSeika
保険薬価 細粒剤100mg 1g 597.50円

オラペネム小児用細粒の効果・効能

肺炎,中耳炎,副鼻腔炎
[有効菌種]黄色ブドウ球菌,レンサ球菌属,肺炎球菌,モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス,インフルエンザ菌

オラペネム小児用細粒の用法・用量

1回4mg/kg(体重)を1日2回,最大1回量6mg/kg。

オラペネム小児用細粒の使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するショックの前歴/バルプロ酸ナトリウムの服用中
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌)……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(3)慎重に服用すべき場合……カルバペネム系,ペニシリン系およびセフェム系抗生物質に対するアレルギーの前歴/本人または両親,兄弟に気管支喘息,発疹,じん麻疹などのアレルギー症状を起こしやすい体質を有する人/重い腎機能障害/経口摂取の不良な人または非経口栄養の人,全身状態の悪い人/てんかんなどのけいれん性疾患の前歴
(4)下痢・軟便……3歳未満の小児では下痢・軟便がおこる頻度が高いので,これらの症状がみられた場合には速やかに処方医へ連絡してください。
(5)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・低出生体重児,新生児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)(小児,とくに乳幼児で)低カルニチン血症に伴う低血糖(けいれん,意識障害など)。
[他のカルバペネム系抗生物質において](2)ショック,アナフィラキシー様症状(不快感,口内異常感,喘鳴,めまい,便意,耳鳴り,発汗など)。(3)けいれん,意識障害などの中枢神経症状。(4)偽膜性大腸炎などの血便を伴う重篤な大腸炎(腹痛,頻回の下痢)。(5)急性腎不全などの重い腎機能障害。(6)無顆粒球症,溶血性貧血,汎血球減少症。(7)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(8)間質性肺炎,PIE症候群。(9)劇症肝炎などの重い肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

オラペネム小児用細粒に効果効能が似た薬

オラペネム小児用細粒が気になる人向けのコラム

「手足口病」が増加中、治療方法とうつらないための対策

国立感染症研究所などのまとめによると、「手足口病」の患者が西日本を中心に増えているそうです。警報を発令した県もあり、小さなお子さんを持つご家庭では、特に注意が必要です。 手足や口に水疱ができる手足口病 手足口病の症状 口腔粘膜、手... 続きを読む

大人がうつると大変なヘルパンギーナに要注意

高熱とのど奥の水疱が主症状
ヘルパンギーナは、毎年夏から秋にかけて小児の間で流行しやすい夏風邪の一種です。コクサッキーウイルスが主な感染源ですが、原因となるウイルスは他にもあり、何度もかかる可能性があります。


毎年7月ごろをピ... 続きを読む

頭痛に悩む方必見!神経痛と名の付く頭痛って

治らない頭痛、それは後頭神経痛かも
後頭部や耳の後ろに髪の毛が引っ張られるような突発的な痛みがある、ケロッと治ってしまうこともあれば、激しい痛みが断続的に続いて治らないこともあるという症状に苦しんでいませんか。いつ襲ってくるかわからない... 続きを読む

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

子どもが手足口病にかかったら今すぐやること

脱水症状に注意して水分補給を心がけて
手足口病はコクサッキーウイルスの一種が感染することによって起こり、口の中や手足を中心に水疱性の発疹が出ます。乳幼児に多く見られ、特に夏場に流行することが多い病気です。


夏に好発しやすく、痛... 続きを読む